アイフルの電話審査における在籍確認の内容と回避方法について!

アイフルの電話審査における在籍確認の内容と回避方法について!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



銀行や消費者金融で即日キャッシングをする場合、またカードローンを申し込む場合、そしてクレジットカードを発行する場合、いずれの場合も勤務先への在籍確認が必要となります。



会社の人に「え!?ローンしているの?」と気付かれるのは困りますので、どのような内容の電話確認があるのか非常に気になるところではありますよね。



今日は、大手消費者金融「アイフル」での在籍確認の内容と、回避する方法があるのかどうかを説明していきます!



アイフル プレミアムファーストローン



即日審査も可能!

申込から契約まで、WEBで手続きOK

限度額は500万円まで。金利年4.5%~9.5%




アイフル プレミアムファーストローンの詳細を見てみる

※既にアイフルをご契約中のお客様は、ご利用いただけません



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





アイフルの電話審査における在籍確認の内容について!

アイフルの電話審査における在籍確認の内容について!イメージ


アイフルがどのようなタイミングで在籍確認の電話を掛けるのか、申し込み方法別にみていきましょう。



電話もしくはインターネットで融資申し込みを行った場合




アイフルに電話もしくはインターネットで融資を申し込むと、仮審査の結果と申し込み内容の確認のために一度電話がかかってきます。



この電話は、申し込みの際に登録した個人の携帯電話や固定電話にかかってきますので、アイフルが何の前触れもなくいきなり会社に電話をするということはありません。



また、携帯電話や固定電話でも、申し込みを行った本人以外が取る場合も想定して、アイフルであることや消費者金融会社であることを伝えずに必ず個人名で電話がかかってきますので、「利用しているのがばれてしまわないか・・・」という心配は不要です!



申し込み内容確認が終わるといよいよ本審査へと移り、会社への在籍確認が行われます。



アイフル店舗もしくはローン契約機で融資申し込みを行った場合




アイフルの店舗や、街中にあるローン契約機(アイフルでは契約ルームと呼びます)でお金借りる申し込みを行った場合は、仮審査を行わずに本審査を行いますので、借り入れ可能と分かった時点で会社に電話を掛けて在籍確認を行います。



その際に、会社の営業時間や契約者本人の在籍時間を伝えれば、希望の時間帯に電話を掛けてもらうことも可能です。



SuLaLi

※既にアイフルをご契約中のお客様は、ご利用いただけません



アイフルの在籍確認の内容とは?




アイフルは在籍確認の電話によって、プロミスなどの他の消費者金融や銀行と同じく「本当に在籍しているか」どうかを確認するだけですので、個人情報を聞き出そうとしたりお金関係の電話であることを匂わせたりすることは決してありません。



融資申し込み者が電話に出なくても、他の社員が「今は席をはずしております」と応答するだけでも「在籍確認完了」となりますので、特に気構える必要はありません。



アイフルの在籍確認を回避する方法!

アイフルの在籍確認を回避する方法!イメージ


アイフルでは電話もしくはインターネットで融資申し込みを行う場合には、担当者から個人の携帯もしくは自宅へ内容確認の電話がかかってきます。



その際に、電話以外で在籍確認を行ってほしいことを伝えると、直近の給与明細書2カ月分を提示すれば在籍確認が完了できると担当者から教えてもらえます。



指示に従い、必要な書類をファックスやメール添付・アップロードで提出すると、会社に電話を掛けずに本審査を行うことが可能になるのです。



アイフル店舗へ出向いて融資を申し込む場合も同じです。



電話以外で在籍確認を行ってほしいことを伝えると、直近の給与明細書2カ月分の提示が求められます。



指示に従って書類を担当者に提示するなら、在籍確認のためにアイフルが会社に電話をかけることはありません。



ローン契約機で融資を申し込む場合は、担当者と直接コンタクトを取らないままの本審査となりますので、在籍確認に関する希望を述べることができません。



在籍確認の電話を回避したい場合は、電話かインターネット・アイフル店舗で融資を申し込むのがベストです。



どの方法で融資を受ける場合も、契約の際には金利と返済方法をしっかりとチェックしましょう。



アイフル

※既にアイフルをご契約中のお客様は、ご利用いただけません



おすすめの関連記事




⇒アイフルで審査に通らないケースは?おまとめローンの実際は?


サブコンテンツ

このページの先頭へ