アコムの返済方法!一括で返済する時に注意すべき点とは?

アコムの返済方法!一括で返済する時に注意すべき点とは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



普段、消費者金融や銀行のカードローンを便利に活用している人も、「できることなら借金生活から早く抜け出したい!」と願っているのではないでしょうか。



キャッシングは、返済が1日長引けば1日分の利息が発生し、その分、返済する額も増えますので、少しでもお金があるならなるべく早く返すことが賢く返済する一番の方法でもあるのです。



アコムでは、返済期日を30日と35日のどちらかに設定することができますが、「できることなら借金生活から早く抜け出したい」と願う賢い消費者なら、迷うことなく30日を選び、できるだけ借金を早く返済するサイクルに身を置く必要があるのです!



(ただし、初回限定30日無利息サービスを利用する時は、返済期日を35日に設定することが条件となりますので、初めだけ35日に設定し、無利息サービス期間が切れたら即、返済期日を30日に変更するのがオススメです。)



もちろん、少しでも余裕があればこまめに返済を行うことと、まとまった額が調達できるときは1日でも早く一括返済することも返済総額を減らすためには重要なポイントと言えるでしょう。



今日は、アコムで一括返済をする場合に注意すべき点と、一括返済後に解約を予定している場合に気をつけるべき点について説明いたします。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





アコムの返済方法!一括返済で注意すべき点

アコムの返済方法!一括返済で注意すべき点イメージ


アコムで一括返済を行う際、何に注意をすべきでしょうか。



アコムの一括返済の注意点1;返済するべき正確な金額を知る




借りた額から今まで返済した金額を差し引いても、残りの借入額とはなりません。



借入日数によって利息が発生していますので、手計算で正確な残高を求めるのは非常に難しいことです。



ネットの会員ページで確認するか、アコムのコールセンターに問い合わせるかして、正確な金額を知っておきましょう。



もちろん1日経てば1日分の利息が発生しますので、返済する額を問い合わせたら、その日のうちに振り込みを実施します!



アコムの一括返済の注意点2;返済方法によっては手数料を上乗せ




アコムの提携ATM(銀行やコンビニでアコムの返済が行えるところ)で返済する場合は、手数料をプラスした金額を入金する必要があります。



1万円より多い額の場合は216円を返済額に上乗せして振り込みましょう。



アコムの一括返済の注意点3;ATMでは千円未満は入金不可




アコムのATMでも提携ATMでも、小銭には対応していませんので1,000円未満の端数を振り込むことはできません。



端数まできっちりと清算したい場合は、手数料無料の返済方法としてはアコムの有人窓口かインターネットバンキングを利用するしかありません。



ですが、昨今、アコムの有人窓口が経費節約のために減少していますので、お近くにない方も多いでしょう。



インターネットバンキングを利用できる場合は利用して、インターネットバンキングの環境が整っていない場合は、アコムのコールセンターで振込口座を教えてもらい、振り込み(手数料は利用者負担)によって返済を完了しましょう。



⇒アコムの返済がコンビニでできない!考えられる3つの理由!



スポンサーリンク




アコムに一括返済後、解約する場合

アコムに一括返済後、解約する場合イメージ


一括返済後、すぐにアコムを解約する場合は、返済する額をコールセンターに問い合わせた時に解約したい旨を伝えておくとスムーズに手続きが行えます。



その場合、千円未満の端数の支払いは免除されますが、どうしても気になる場合は振り込みやインターネットバンキングを利用して1円単位まできっちりと完済しましょう。



解約証明書が必要な場合は、その旨もコールセンターに伝えましょう。約1ヶ月後にアコムから書類が郵送されてきます。



アコムでキャッシングするなら便利なアコムマスターカードがお勧めです。こちらの記事では無職でも作れる裏技を紹介しています。



⇒アコムACマスターカードは無職は作れない!裏技申込法まとめ!



また、アコムの審査結果がなかなか来ないという方は以下の記事を参考にしてください。



⇒アコムの審査結果がこない!審査時間が長引いてる理由まとめ!

⇒アコムは審査時間が長い?審査待ちの時間と合否の関係は?



スポンサードリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ