アコムで金利交渉できるのはどんな人?値下げの実態について!

アコムで金利交渉できるのはどんな人?値下げの実態について!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



消費者金融と言えば高利息と相場が決まっているものですが、アコムの金利は契約者から引き下げ交渉ができるという噂がネット上でよく見られます。



本当に引き下げ交渉ができるのか、できるならどのようにすれば良いのかについて徹底的に探ってまいります!



なお、今すぐ数万円程度を借りたい場合、SMBCモビットなら話が早いです。



なぜなら、SMBCモビットなら、最短30分・来店不要(WEB完結)で即日融資もOKだからです。



●最短30分・来店不要で即日融資もokなのがSMBCモビット

SMBCモビット



 最短30分で即日融資も可

 WEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示







次の記事もあなたにおすすめです





アコムの金利引き下げできるのはどんな人?2つの方向性と具体的ケース!




結論から言いますと、アコムのキャッシングでの利率引き下げ交渉は可能です!



引き下げ交渉する時のパターンとして、大きく、以下の2通りがあります。



  • 『将来的に発展のある金利引き下げ』
  • 『契約打ち切りのための金利引き下げ』



  • まず、『将来的に発展のある金利引き下げ』について見ていきましょう。



    アコムの金利引き下げが可能な人1;1年以上定期的に利用

    アコムの金利引き下げが可能な人1;1年以上定期的に利用イメージ


    アコムは一般的な消費者金融や銀行のカードローンと比較すると金利の幅が広く、利用限度額に合わせて利率4.7%~18.0%の間で設定されています。



    上限利用額の500万円に近付けば近付くほど金利は安くなりますので、利用限度額を増やすようにしていけば自動的に金利は低くなるのです。



    アコムの利用限度額は、次の条件を満たす場合に増えやすくなります。


  • 1.お金借り入れる→返済するを定期的に繰り返す
  • 2.契約後1年以上が経過している
  • 3.借入金額が利用限度額の半分を目安に利用を繰り返している


  • 借り入れ限度額ギリギリまで利用していると「金銭的に困っているのかな?」と疑われてしまいますので、特に3番は注意が必要です。利用残高があまり多くならないように気を付けましょう。



    定期的に利用と返済を延滞なしに繰り返すお客さまは、アコムにとっても優良顧客であることは間違いありません。



    ですから、アコムよりも金利の低い他の金融機関で融資を受けてしまうのを防ぐために、積極的に金利を低くしてお客さまを囲い込むのです。



    限度額増額は会員ページもしくはフリーダイヤルで申請することができますが、電話で申し込む方が一般的に審査が進みますので、1年間待ってから電話交渉して見ましょう!



    もちろん、利用限度額が増えると言うことは利用できるお金も増えると言うことですので、それだけ責任も大きくなると言うことを意味します。



    返済期限を守ることや限度額と借入金額のバランスに気を付けながら計画的に利用して、さらなる低金利を目指しましょう。



    スポンサーリンク




    アコムの金利引き下げが可能な人2;債務整理の恐れがある人

    アコムの金利引き下げが可能な人2;債務整理の恐れがある人イメージ


    先程の例は、アコムにとっても利用者にとってもお互い得する金利引き下げでしたが、今回の例は『契約打ち切りのための金利引き下げ』ですので、お互いにとってあまり好ましくない状況と言えます。



    多重債務や年収の3分の1を超えた金額の借入など、このまま放置しておくと債務整理を行って法的に支払い義務がなくなってしまうと考えられるお客さまの場合に、この措置が取られます。



    利用者が実際に債務整理を行い元金の回収が難しくなる前に、アコム側が「このお客さまは債務整理を行うかも!」と気付いて、積極的に金利引き下げを提案し、貸したお金を回収しようとすることもありますが、利用者の方から債務整理を行う可能性があることなどの現状を話して、金利引き下げを交渉することもあります。



    アコム側から提案された利率をさらに低くするように交渉したり、切羽詰まった状態であることを切実に訴えて金利0に交渉することも可能です。



    このように債務整理直前の状態で金利引き下げに成功した場合は、当然のことですが追加融資や即日融資は今後一切利用することができません。



    また、金利を引き下げてくれたことで財政危機を乗り切り、結果として債務整理を行わずに済んだとしても、アコムの利用歴には要注意人物として名前が残ってしまいますので、今後一切借入契約は不可能と思っておいた方が良いでしょう。



    ですが、債務整理を行わずに危機を乗り切れた場合は、個人の信用履歴自体には傷は付きませんので他社との契約や借入は可能です。



    アコムでキャッシングするなら便利なアコムマスターカードがお勧めです。こちらの記事では無職でも作れる裏技を紹介しています。



    ⇒アコムACマスターカードは無職は作れない!裏技申込法まとめ!



    返済にはコンビニ返済が便利です。こちらの記事でトラブルも含めて詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。



    ⇒アコムでコンビニ返済できない!考えられる3つの理由!



    また、アコムに申し込んだものの審査結果がなかなか来ないという方は以下の記事を参考にしてください。



    ⇒アコムの審査結果がこない!審査時間が長引いてる理由まとめ!

    ⇒アコムは審査時間が長い?審査待ちの時間と合否の関係は?



    スポンサーリンク




    おすすめの関連記事




    ⇒アコムATMでは完済不可能?完済方法と端数免除制度について!



    アコムで金利の値下げを交渉する際、知っておきたい5つのテクニックについて、以下の記事でまとめておりますので、実際に交渉する前に、チェックすると参考になるかもしれません。



    ⇒アコムの金利を下げる交渉術!効果抜群のテクニック5選!



    ⇒利息とご返済金額について|【公式サイト】キャッシングなら消費者金融のアコム



    ⇒アコムの解約方法と注意点は?クレカの解約はなぜ時間がかかる?



    おすすめの関連動画







    サブコンテンツ

    このページの先頭へ