アコムの金利は昔いくらだった?過払い金の返還OKの条件!

アコムの金利は昔いくらだった?過払い金の返還OKの条件!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



アコムの現在のキャッシング金利は4.7%~18.0%ですが、少し前まではもっと高い水準にありました。



アコムの金利の変遷と、どの時期にアコムにお金を借入していたお客様が過払い金を請求できるのか説明いたします!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





アコムの昔の金利はいくらだったのか?消費者金融会社の金利の歴史!




出資金の受け入れや金利等を規制する法律『出資法』の上限金利に併せて、アコムの金利も変わってきました。



まず、出資法の年利上限について、その変化を時系列で見ていきましょう。


  • 1983年11月以前は109.5%
  • 1986年11月以前は73.0%
  • 1991年11月以前は54.75%
  • 2000年6月以前は40.004%
  • 2010年6月以前は29.2%
  • 2010年6月以降は20%



  • として定められてきました。



    アコムだけの単独データはないのですが、アコムやプロミス、アイフルの大手消費者金融の上限年利の平均は、



  • 1982年時点で53.53%
  • 1990年時点で31.61%
  • 1996年時点で27.25%
  • 2007年以降は17.93%(アコムは18%)



  • となっており、出資法の基準を満たしながら徐々に下がっているのです。



    ⇒アコムの金利を下げる交渉術!効果抜群のテクニック5選!

    ⇒アコムで金利交渉できるのはどんな人?値下げの実態について!



    スポンサーリンク




    アコムの昔の金利から知る!アコムで過払い金が発生する理由とは

    アコムの昔の金利から知る!アコムで過払い金が発生する理由とはイメージ


    現在は『改正貸金業法および改正出資法(以下、改正法)』において、


  • 10万円未満を貸すときの上限年利は20%
  • 10万円以上100万円未満を貸すときは上限18%
  • 100万円以上を貸すときは15%



  • と上限年利はシンプルに決められています。



    ⇒出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律



    一方、『改正法』が制定する2010年までは、お金を貸すときの金利に関する法律が『利息制限法』と『出資法』の2つもあり、それぞれの法律が定める上限金利が異なっていたのです。



    出資法に違反をすると5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金という実刑が待っていますが、利息制限法に違反した利息の設定をしていても罰金がないため、多くの貸金業者は利息制限法を無視して出資法だけを守って融資していました。



    実刑がないだけでなく、出資法の方が上限年利が高い(利息制限法は現在の改正法と同じ金利水準ですが、出資法は最高年利が29.2%と定められていました)ために、貸金業者にとっては得になることも、利息制限法を無視することにつながったのです。



    実刑はないとはいえ、法律ですので守らねばならないのが規則です。



    利息制限法以上の金利で融資をしており、なおかつ年利に計算して利息制限法以上の利息を支払っていた場合は、『過払い金』として消費者金融に超過した利子分の返還を求めることができるのです。



    アコムも、2007年以前は利息制限法を守らずに融資を実施していましたので、2007年以前から融資を受けており、なおかつ年利に計算して利息制限法以上の利息を支払っていた場合は、過払い金請求の対象になるのです。



    ⇒アコムの過払い請求でブラックになる噂の真相は?手続き方法は?



    アコムに過払い金返還を請求できる人とできない人

    アコムに過払い金返還を請求できる人とできない人イメージ


    2007年より前からアコムのキャッシングを利用していたとしても、誰でも過払い金請求ができるわけではありません。



    アコムに請求できる人の条件1:利息制限法以上の利息を支払った人




    年利に計算して、融資額が10万円未満のときは20%・10万円~100万円のときは18%・100万円以上のときは15%を超える利息を支払った場合のみ、過払い金の請求ができます。



    アコムに連絡して取引履歴を郵送してもらい、パソコンで過払い金計算の無料ソフトを使って計算するか、もしくは弁護士などに依頼して計算して見ましょう。



    アコムに請求できる人の条件2:過払い金請求の時効が過ぎていない人




    過払い金の請求は、取引が終了してから10年以内になります。



    アコムと契約していても途中で完済しているならその時点で取引は終了したとみなされますので、完済した日が現在より10年以上前なら、完済前の過払い金に対しては時効になってしまうのです。



    取引履歴から、時効になっていないかチェックして見ましょう。



    アコムでキャッシングするなら便利なアコムマスターカードがお勧めです。こちらの記事では無職でも作れる裏技を紹介しています。



    ⇒アコムACマスターカードは無職は作れない!裏技申込法まとめ!



    返済にはコンビニ返済が便利です。こちらの記事でトラブルも含めて詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。



    ⇒アコムでコンビニ返済できない!考えられる3つの理由!



    また、アコムに申し込んだものの審査結果がなかなか来ないという方は以下の記事を参考にしてください。



    ⇒アコムの審査結果がこない!審査時間が長引いてる理由まとめ!

    ⇒アコムは審査時間が長い?審査待ちの時間と合否の関係は?



    スポンサーリンク




    関連記事



    ⇒アコムから金利値下げ変更の提案!損得を見極める2つの視点!



    おすすめの関連動画








    サブコンテンツ

    このページの先頭へ