ブラックリストでも借りれる住宅ローンは?審査の4つのコツ!

ブラックリストでも借りれる住宅ローンは?審査の4つのコツ!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



一生のうちで、もっとも大きな買い物とも言われるのが「マイホーム」です。



通常の銀行や消費者金融でのキャッシングやカードローンとは異なり、高額なお金を借りる事になる為、住宅ローンと言うと各銀行で低金利のプランを用意している所が多いです。



果たして、この住宅ローンは過去の自己破産などの債務整理でブラックリストの情報に名前が載っている場合でも利用出来るのでしょうか。



今日は、ブラックでも住宅ローンの審査を通過できるのか、方法があるならどのような条件が求められるのかをご説明致します!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





ブラックOK?経歴より現在の債務状態が重視される!




短期間に、何度もクレジットカードや金融機関のローンに申し込んでしまった「申し込みブラック」、クレジットカードやカードローンで借り入れたお金の返済が遅れてしまった「延滞ブラック」、借金の支払いが滞り自己破産などの債務整理を行った「真正ブラック」、一口にブラックリストと言っても色々ありますが、この方達は、ローン(特に無担保のローン)の審査を通る可能性が低くなっているのが現状です。



以下のサイトで、あなたの現在の信用情報について、チェックできますので、把握できていない場合は、こちらでも確認していきましょう。



日本信用情報機構・信用情報開示手続き方法

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)・信用情報開示手続き方法

また、この2つの団体における、ブラックになってしまう基準とブラックが解除される基準については、以下の表のとおりです。ぜひ、ご参考下さい。


JICC(日本情報信用機構(消費者金融系))の基準


JICC(消費者金融系情報センターの異動情報 発生原因 解消要件 備考
延滞情報 90日以上の延滞 延滞解消後 延滞解消後延滞解消の異動(ブラック情報が残る)
債権譲渡 銀行系カードローンが延滞して、債権譲渡されると発生 発生後1年 債権譲渡された情報は、消費者金融が情報管理、延滞や元金延滞の情報が新たに加わることもある
債務整理 本人が債務整理、調停申し立てを行うと発生(単純な過払い請求は含まれない) 最長5年 債務が残っている場合は情報センターに債務情報が残るため、完済まで借入不可と考えた方が良い
破産申立 本人が破産申し立てをすることが要件 5年~7年
民事再生 本人が小規模民事再生を申し立てた場合 5年~7年
保証履行 銀行カードローンが債権譲渡したものを、保証会社(消費者金融が履行した場合に報告) 不明

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(クレジット会社系))の基準

CIC(クレジットカード会社系の異動情報) 発生原因 解消要件 備考
延滞情報 60日以上の延滞 延滞解消後 延滞解消後は延滞解消の情報が5年追加される
延滞-延滞解消 延滞が解消された後に新たに発生する 延滞解消後 情報発生から5年
延滞-貸し倒れ 返済不能になった場合に発生 延滞解消後 情報発生から5年
延滞-完了 延滞解消後に登録される 延滞解消後 情報発生から5年
延滞-第三者返済 親族を含む本人以外が延滞発生に完済した場合に登録される 延滞解消後 情報発生から5年
強制解約 支払能力の欠如などを理由にカード会社が強制的に解約処理を行う場合に登録 最長5年 強制解約後、債務がある場合に返済義務は生じる



ですが、そのようなブラックの方でもすでに借入金を完済している事を前提に、「申し込みブラック」になってから半年(最大で1年)、「延滞ブラック」になってから2年(延滞期間が3ヵ月を超すと5年)、「真正ブラック」になってから7年(最大で10年)が経過し、他社からの借り入れが無い状況ならば、住宅を担保にして契約する住宅ローンでお金借りる事が可能です。



スポンサーリンク




その際に、注意すべきポイントを4つご紹介します。



ブラックでも住宅ローン組める方法1;利用していない銀行を頼る

ブラックでも住宅ローン組める方法1;利用していない銀行を頼るイメージ


キャッシングやカードローンの返済が遅れた事がある、若しくは債務整理を行った経験がある銀行では、借金を完済していたとしてもお金を借りる事は難しいと言えます。



審査通過の可能性を上げるためには、一度も迷惑を掛けていない銀行で、住宅ローンを利用するようにしましょう。



大手消費者金融に現役で勤務している私の知人に、ブラックでも住宅ローンを借りれるコツについて相談したところ、メガバンクより地方銀行なら可能性が高いとの情報を教えてもらいました。



ブラックの方は大手金融機関よりも、まずは地方銀行からあたっていくのが正解です。



なお、銀行でお金を借りる場合に、より審査に通過するための条件を以下の記事で詳しくまとめています。ご興味があれば、是非チェックしてみて下さい。



銀行でお金借りる条件とは?審査通過を勝ち取る4ポイントとは?



ブラックでも住宅ローン組める方法2;自己資金があること




ブラックで無い方でもそうですが、住宅ローンを組む場合はマイホームの自己資金がある場合と無い場合では、圧倒的に自己資金がある場合のほうが融資を受けられる可能性が高いです。



例えば、マイホームを建てる為に2500万円が必要なら、銀行から全額の融資を受けるのではなく、少なくとも1割の250万円位は自己資金で用意するようにしましょう。



スポンサーリンク




ブラックでも住宅ローン組める方法3;新築であること

ブラックでも住宅ローン組める方法3;新築であることイメージ


住宅ローンは、住宅を担保にする事で高額資金を借り入れます。



つまり、住宅の評価額が高ければ高い程、借りられる可能性が高いと言えるのです。



余程の好立地にある物件や、口コミで人気の物件でも無い限り、同じ場所で同じ建坪なら「新築」の物件の方が評価額は高いものです。



ですので、住宅ローンでお金を借りたいと思う場合は、新築の物件を選ぶ方が良いでしょう。



ブラックでも住宅ローン組める方法4;定職についていること




担保や頭金があるとは言え、住宅ローンと言えば超大型融資である事は間違いありません。



申し込みの際には、通常のローンよりも職場の勤続年数や年収などをしっかりとチェックされます。



住宅ローンの融資にOKを貰いたいなら、ご主人か奥様が正社員(安定収入の持ち主)である事が必須となります。



審査に通らない場合に消費者金融でローンを組む方法は?




住宅ローンを取り扱っているのは、銀行や信用金庫といった金融会社です。



ここまでの話を聞くと、銀行は消費者金融より審査が厳しい事が多く、特に、ブラック経験がある方には審査が通る可能性が低いと感じてしまうかもしれません。



その為、消費者金融の即日融資などを利用して住宅ローンに充てるのはどうだろうかと考える方もいるのではないでしょうか。



ブラックでも融資が下りやすいお薦めの消費者金融については、インターネット上でもランキング形式等で紹介されていますので、参考にしようと思う方もいるでしょう。



例えば、金利18%の消費者金融で10万円を借り入れた場合、1年後に11万8000円を返済すれば良いだけなので、利息を含めて、返済に対してそこまで大変なイメージが湧きにくいと思います。



ですが、高額のお金を借り入れた場合を想像すると、どうでしょうか。



大抵の金融機関では、融資額が大きくなるほど金利も安くなりますので、金利10%で1000万円を借りられたとしても、わずか1年で利息分の支払いが100万円と高額になってしまうのです。



住宅を購入して楽しく暮らすつもりが借金返済に追われて苦しみ、ローン返済の為に車などの財産を失い、結局、家そのものを手放してしまうという最悪の事態にもなりかねません。



高額融資を行う時は銀行の目的別ローンで借りるように心掛けましょう。



なお、住宅ローンのような高額を借り入れる為には、カードローンとは違い、連帯保証人を誰かに頼む必要があります。



スポンサーリンク




P.S.



普段のちょっとした買い物でクレジットカードを使いたい時があると思いますが、ブラックになってしまった場合、クレジットカードの発行は可能なのでしょうか?



残念ながら、ブラックの人には発行が難しいのが一般的ですが、中には、ブラックでも貸してくれるクレジットカード会社さんが存在しています。



詳しくは、以下の記事でまとめてありますので、ご興味があれば併せてご確認下さい。



ブラックでも作れるクレジットカードは?2016年度版情報!



あなたがブラック主婦の場合、以下の記事でお金を借りる方法をまとめていますので、合わせてご参考下さい。



⇒ブラック専業主婦でも借りれる?銀行キャッシングでおすすめは?



以下の記事では、借りやすさ・審査の通過しやすさの観点から、ブラックでも借りられるお勧めの消費者金融をランキング形式でまとめておりますので、チェックしてみて下さい。



⇒ブラックでも借りれるカードローンランキング!即日融資okの消費者金融は?



こちらの記事ではブラックでも借りれる大阪の消費者金融を紹介しています。特に大阪に住んでいらっしゃる方はチェックしてみてください。



⇒大阪で即日融資!ブラックでも借りれる所で人気の消費者金融は?



スポンサーリンク

このページの先頭へ