申し込みブラックでも借りれる銀行&消費者金融は?合法手段3つ!

申し込みブラックでも借りれる方法は?合法かつ安全な手段4つ!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



ただブラックというと、過去に自己破産などの債務処理をしたり、カードローンの返済延滞を延滞したり、様々な金融事故によるもの全般を指します。



その中でも、短期間で何回か融資を申し込んだことが原因で信用情報機関のブラックリストに載ってしまうことを、『申し込みブラック』と言われています。



とりわけ申込ブラックの人は短期間で何度も申し込むくらいですから、ほかのブラックの人と比較しても、より借りたいニーズが高いように思います。



借り入れなくてすむ生活習慣を身に着けることが最善策ですが、急に変わることはできません。



そんな状況のもと、申込ブラックの人がお金を借りる必要が出てきた時、どうしたらいいのでしょうか?



一方、『申込ブラック』自体が都市伝説であり、実態と異なる部分があります。



そこで今日、申込ブラックの実情を解説し、その上で、申込ブラック的な人がお金を借りる方法を4つご紹介・解説していきたいと思います。



スポンサーリンク




申し込みブラックでも借りれる銀行は?




現状、そのような銀行は、『ない』と考えたほうが良いでしょう。



基本的に銀行は審査が厳しいため、申し込みブラックも通常のブラックと同様、銀行で借りるのは諦めた方が賢明です。



ただし、消費者金融の場合、銀行とは状況が変わってきます。詳しく見ていきましょう。



申し込みブラックでも借りれる消費者金融は?




銀行や大手消費者金融、また、クレカを発行している信販会社は、顧客の与信情報を共有しているため、その後別の業者に申し込んでも、審査に通らないことが多いですね。



一方、『中小の消費者金融』は与信情報を共有していないケースもあり、独自の審査を行っていることが多く、申し込みブラックでも「融資がOKだった」「即日借りれた」などの口コミがあります。



特に人気がある即日融資OKの中小消費者金融業者としては、「エニー」(日本貸金業協会会員番号:第005533号)や「アロー」(日本貸金業協会会員番号:第005786号)が挙げられます。



以下の記事では、エニーやアローを含め、ブラックでも借りられる可能性のある消費者金融12社、即日融資もOKな業者も含めランキング形式でまとめておりますので、チェックしてみて下さい。



ブラックでも借りれる消費者金融口コミ12社!即日融資可能含め2018最新版!



スポンサーリンク




申し込みブラックでも借りれるその他の手段は?



方法1;質屋でお金を借りる


>申込ブラックでもお金を借りる方法4;質屋でお金を借りるイメージ


意外に思うかもしれませんが、質屋でお金を借りることができます。



質屋といえば、全国的には大黒屋が有名ですが、街中にある、若干怪しげな雰囲気を醸し出している質屋でもお金を借りることができます。



質屋の特徴は、なんといっても、専業主婦でもブラックでも審査無しで、合法的かつ確実にお金を借りることができるということ。



ただし、ブランド品や貴金属などが担保になり(質屋にこれらの品を預けることを質入れといいます)、その売価が、融資の上限額になるということです。返済期間は基本3ヶ月となり、3ヶ月を過ぎても返済できない場合は、担保として預けた品が質屋のものとなります。俗にいう質流れです。



実質的な年利は、40%~100%という基準で設定されているところが多いですが、最大金利が20%のキャッシングと比較してもべらぼうに高く、超短期の融資での利用がおすすめです。



なぜ、これほど高い金利であるのに合法である理由は、キャッシングとは別の法律で金利上限が設定されていて、上限の年利が109%まで設定OKとなっているからです。



なぜ、109%まで設定されているかというと、担保となる品を質入れするため、返済不能になっても強引な取立てがなく、生活者の安全も担保されるという理由です。



このような背景から、金利制限にメスが入らないのですね。



質屋の金利に関する法律である『質屋営業法』ができたのが昭和25年で、その法律がそのまま生きているのが現状なんです。



質屋営業法(昭和二十五年五月八日法律第百五十八号)



詳しくは、以下の記事でもまとめていますので、ご興味があればチェックしてみて下さい。



質屋でお金を借りるには?利息や返済期間で注意すべき3点まとめ!



質屋の実質的な金利は、例えば、質屋大手の大黒屋の場合、ブランド品や貴金属を担保に10万円借りた場合、『月利』で5%かかりますので、年利60%という計算になります。






どうしても借りなくてはいけない理由があると考えられる場合、知人に頼んでみるという方法もあります。



知人といっても、挨拶を交わす程度の関係の知人に、いきなりお金貸してとは言えません。貸してくれそうな人は、あなたとの距離の近い親族や恋人が現実的。



ただし、距離が近い分、仮に借金ができたとしても信頼関係が崩れてしまわないように細心の注意が必要です。



また、借金と思っていても融資の条件によっては、贈与と捉えられる可能性があり、金額によっては多くの税金が発生する可能性があるので、このあたりも事前に知識を持っておく必要がありますね。



これらの情報については、以下の記事にて詳しくまとめていますので、知人からお金を借りようと考えている場合、ご参考になるかもしれません。



親や兄弟からお金借りる際の3つの注意点は?贈与税の回避法は?



とはいえ、お金の貸し借りによって、信頼関係が崩れてしまうリスクがありますので、親族や恋人からは借りないのがベストです。



その点について意識を高めるために、以下の記事もチェックしていくことをお勧めします。



恋人からお金借りるのはなぜNG?覚えるべき3つのマナーとは?



あなたがブラック主婦の場合、以下の記事でお金を借りる方法をまとめていますので、合わせてご参考下さい。



⇒ブラック専業主婦でも借りれる?銀行キャッシングでおすすめは?



方法3;ブラックリストから外れるのを待つ


申込ブラックでもお金を借りる方法2;ブラックリストから外れるのを待つイメージ


ブラックリストに載ってしまったからと言って、銀行や大手消費者金融で一生お金を借りられないわけでも、一生クレジットカードを発行できないわけでもありません。



申し込みブラックの場合は最長6カ月、支払いの遅延の場合は最長2年間、債務整理の場合は最長10年間待てば、信用機関のブラックリストから名前が消去されます。



ブラックリスト内に名前がある時期にお金を借りようと銀行や大手消費者金融でカードローンを申し込みを行うと、却ってブラックリストに載せられる期間が延びてしまう可能性もあり得ます。



銀行や大手消費者金融のカードローンを利用したいと考えるなら、まずはおとなしくブラックリストから名前が消えるのを待ちましょう!



『待つ』といのは、借り癖を克服するトレーニングにもなりますね。



⇒大阪で即日融資!ブラックでもお金借りれる所の消費者金融は?

即日融資でき審査が激甘の業者は?ブラック金融はなぜ要注意?

街金でブラックでも融資OKの業者は?借りる金額別に厳選紹介!



スポンサーリンク




申込ブラックは都市伝説?最新の実態を解説




申込ブラック、都市伝説あったのは、2010年頃です。当時、消費者金融業界は未曾有の改革時期でした。



  • 貸金業法が改正
  • 信用情報センターの統合
  • 総量規制の導入
  • 過払い金返還請求の高止まり



  • 当時、信用情報センターが統合したことで、信用情報の精度が低かったのです。



    当時は、一気に複数社から借り入れをする「借り回り」に業界は頭を悩ませていました。



    理由は、信用情報が翌日にならないと更新されなかったためです。



    このなごりが、申し込みブラックという都市伝説を生みました。



    現在の信用情報センターは数時間に更新されるシステムが導入されています。



    この件について、現役の大手消費者金融業者社員から直接ヒアリングを実施しました。(2016年秋現在)



    そのた結果、「例え前日の申し込みがあったとしても気にする会社は少ない」という情報を得ています。



    もし、あなたが申込を複数していて、審査落ちするなら、他に理由があるかもしれません。



    スポンサーリンク

    次の記事もあなたにおすすめです!



    このページの先頭へ