JCBカードの海外キャッシング!繰り上げ返済方法と4つの注意点とは?

JCBカードの海外キャッシング!繰り上げ返済方法と4つの注意点とは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



海外でキャッシングに使えるクレジットカードと言うと、世界2大クレジットブランドの「VISAカード」や「マスターカード」を思い浮かべますが、日本が誇るクレジットブランド株式会社ジェーシービーの「JCBカード」も世界中の100万台以上のATMと25,000以上の金融機関でキャッシングできる海外に強いブランドなのです。



現地で使えるお店が多いというのは海外に持っていくカードを選ぶ際の候補カードとして魅力的ですよね!



今日は、海外でカードキャッシングを利用する予定のある方に向けて、JCBカードで海外キャッシングをしたときに繰り上げ返済する方法と、どんなことを覚えておけばJCBカードの利用で困らないかに焦点を当てました。



「海外に行ってから現地でキャッシングできなかった!」なんて困りますよね。そこも含めJCBに電話でインタビューしました!



JCBのHPに載っていない情報もありますので、海外に行く前には是非チェックしてくださいね。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





海外キャッシング枠の設定が必要




これから海外に行く方もいると思うので、最初に海外キャッシング枠の説明しますね。



JCBカードでは、国内キャッシング枠と別に海外キャッシング枠が別々になっていて、人によっては限度額が全く違うものになっています。



個人ごとに限度額が全く違う!?




  • 初めから設定されていない人
  • 海外キャッシング枠のみ0円の人
  • 国内キャッシング10万円、海外キャッシング枠30万円
  • 国内キャッシング0円、海外キャッシング50万円の人



  • 海外キャッシングも総量規制の対象になるので、総量規制範囲で利用しているなら、海外キャッシングは利用できませんが、収入証明書を提出して利用可能額を増額してもらうことは可能なようです。



    このように海外キャッシングにはイレギュラーもあるので、知らずに海外に行って利用可能額0円だと困ってしまいますので、事前にJCBショッピングデスクに限度額も含めて気になるポイントの確認をしておいた方が良いでしょう。



    %ef%bd%8a%ef%bd%83%ef%bd%82%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b


    スポンサーリンク




    JCBカードで海外キャッシングしたとき繰り上げ返済は可能?


    JCBカードで海外キャッシングしたとき繰り上げ返済は可能?イメージ


    現金を両替するよりもクレジットカードで海外キャッシングする方が、為替レートがお得で手数料が少ないことは確かにありますが、あくまでもカードローンと同じくお金借りる行為ですので、借りた期間が長くなればなるほど利息が発生して割高になってしまいます。



    つまり海外キャッシングをお得に使うためには、なるべく早くに繰り上げ返済をして、金利を抑えることが不可欠と言えるのです!



    JCBカードでは、お得に海外キャッシングを利用できるように「口座振り込み」と「JCB窓口持参」による繰り上げ返済を受けつけていますが、「ATM振り込み」と「口座引き落とし」による繰り上げ返済は受け付けていません。



    それぞれの返済方法での手続きについて、確認しておきましょう。



    口座振り込みによる繰り上げ返済の方法は?




    カード発行会社のカスタマーセンターに問い合わせ、振込額(融資額+キャッシング利用日から繰り上げ返済申請までの利息)と振り込み先の銀行口座を教えてもらい、即日もしくは既定の日時までにお金を振り込む方法です。



    繰上げ返済の時の振り込み手数料はキャッシング利用者が負担します。



    JCB窓口で直接繰り上げ返済の方法は?




    2011年、全国各地にあった「JCBサービスデスク」が全て閉店しましたので、お近くにJCB本社・支社がある方のみ窓口清算の手続きが可能です。



    住所が分からない場合は、JCBカスタマーセンターに電話で尋ねてみたり、WEBサイトで調べてみましょう。



    しかし、JCB窓口の清算には、【JCBキャッシングの売り上げが確定していることが条件】になるようです。



    場合によっては、利用後すぐにJCBで海外キャッシングの確認が取れないこともあるようなので、突然来店する前に、JCBインフォメーションに電話することをおすすめします。



    スポンサーリンク




    金利を手数料含めて計算してみましょう




    今まで、繰り上げ返済の説明をしてきましたが、海外でキャッシングした分に日割りで18%、これが手数料になります。



    海外で30万円、50万円利用するならともかく、一般人は3万円とか5万円くらいの利用金額のことが多いようです。※JCBさんより一般的なケースで確認。


    仮に5万円使って、1か月にかかる金利は739円です。



    計算式は、利用金額×18%÷365日(年率)×30(日)



    手数料の計算方法


    このように計算できますので、一度実際に確認してみるのもいいと思いますよ。



    スポンサーリンク




    JCBの海外キャッシングで注意すべき4点とは?


    JCBの海外キャッシングで注意すべき4点とは?イメージ


    海外でも便利に使えるJCBカードですが、海外キャッシングを行う場合は次のポイントを抑えておく必要があります。



    海外キャッシングの注意点1;返済は一括のみ!




    日本国内でキャッシングを利用する場合は返済をリボ払いすることができますが、海外での利用分に関しては翌支払日に一括で引き落とされます。



    JCBカードでは16日~翌月15日までの利用分を翌々月10日に引き落とされますので、繰り上げ返済をしない場合の利息は23日~56日分請求されます。



    海外キャッシングの注意点2;電話してもタイミングによっては繰り上げ返済ができないことも




    利用明細がJCBカード会社に届くまでは繰り上げ返済を実施することができませんので、帰国後すぐにJCBカード会社に電話をかけて繰り上げ返済を実施しようとしても受けつけてもらえないこともあります。



    利用明細がJCBカード会社に届くと会員用ページの「ご利用履歴」に表示されますので、サイトでチェックしてからJCBカード会社に電話をかけるようにしましょう。



    海外キャッシングの注意点3;ATMによっては手数料がかかることも




    海外のATM利用手数料はATMによって異なり、基本的には手数料無料ですが、まれに手数料が発生するATMもありますので、その場合は手数料が返済額に加算されて請求されます。



    明細をチェックして計算が合わない時は、海外ATM利用手数料が加算されたケースであることが多いです。



    海外キャッシングの注意点4;金利が人によって異なる




    ほとんどのクレジットカードは、利用限度額に関わらず海外キャッシングの金利は一律に設定されていること(例えば、利用限度額が10万円でも100万円でも金利は18%固定)が多いのですが、JCBカードでは海外キャッシングの金利も国内キャッシングと同様、利用限度額によって15~18%と幅があります。



    利用限度額だけでなく、ご自分の海外キャッシングの金利がいくらに設定されているのかもチェックしておきましょう。



    スポンサーリンク




    サブコンテンツ

    このページの先頭へ