UCカードで海外キャッシング!利用方法と手数料について!

UCカードで海外キャッシング!利用方法と手数料について!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



永久不滅ポイントのCMで宣伝中のUCカード、持っていらっしゃいますか?



「UC」だけしか使えないUCカードは存在せず、もっともスタンダードなカードでも「VISA」もしくは「マスター」の国際クレジットブランドが付帯しております。



さらに電子マネー機能や家電量販店のポイントカードが一体になったカードや航空会社のマイレージが貯められるもの、セゾンカードなど百貨店のポイントカードやJAFカードと一体になったものなどがありますね。



クレジットカードをよく見てみると「UC」のマークがあることに改めて気付かされるのが「UCカード」なのです。



そんなどこでも溶け込む忍者みたいな「UCカード」ですが、グーグル検索をしてみますと「海外キャッシング」「海外 手数料」などのキーワードが多く出てきますので、UCカードを持って海外でのショッピングの支払いで使われたり現地通貨でキャッシングされたりする方が意外と多い(海外に持っていってからUCカードであることに気付くケースも多い!)ことが分かります。



今日は、きっとほとんどの方が持っていらっしゃる「UCカード」で、海外キャッシングをする際に押さえておきたい利用方法や手数料などについて、徹底的に分かりやすくご説明します!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





UCカードを持って海外に行く前に!

UCカードを持って海外に行く前に!イメージ


UCカードを海外に持っていく前に必ずチェックすべきポイントは「暗証番号の確認」と「キャッシング利用残高の確認」です。



海外キャッシングの前に1;暗証番号の確認




カード発行時に登録した4桁の暗証番号が、海外キャッシング時に(店舗によってはショッピングの場合にも)必要となります。



失念した場合はカード発行会社に電話で問い合わせると、後日書面で暗証番号を教えてくれます。



問い合わせから書面到着までに1週間以上かかることもありますので、できれば海外に出かける事前2週間前までに問い合わせておくようにしましょう。



海外キャッシングの前に2;キャッシング利用枠の確認




UCカードでは基本的には「キャッシング利用限度額」=「海外キャッシング利用限度額」となっています。



カード会員用ページ「アットユーネット」で確認し、枠を増やしたい場合やキャッシング枠を新たに作りたい場合は、UCカードデスク専用ダイヤルまで電話で申し込みます。



審査が必要(額によっては書類提出も必要)となりますので、できれば海外に出かける2週間前に申し込むようにしましょう。



スポンサーリンク




UCカードで海外キャッシング!

UCカードで海外キャッシング!イメージ


VISAが付帯したUCカードの場合は「VISA」もしくは「Plus」のマークのあるATMで、Masterが付帯したUCカードの場合は「MasterCard」もしくは「Cirrus」のマークのある提携ATMで、24時間キャッシングを行うことができます。



利用する際には次の2点に注意して下さい。



UCカードの海外キャッシング注意点1;暗証番号




カードローンのようにATMで即日融資を受ける場合も、銀行でお金借りる場合にも、暗証番号が必要となります、



銀行の場合は行員がチェックしますので日本の4桁の暗証番号でも受理されますが、ATMによっては6桁の暗証番号を入力しなくてはならないことがあります。



この場合は、UCカードの4桁の暗証番号を入力してすぐに「Enter」もしくは「Next」を押しますが、うまく次へ進まない場合は取引を中止し別のATMで行うようにしましょう。



UCカードの海外キャッシング注意点2;手数料




UCカードで海外キャッシングを利用すると、「現地ネットワーク利用手数料」と「ATM利用手数料」の2つが発生します。



このうち現地ネットワーク利用手数料はUCカードが負担しますが、ATM利用手数料(キャッシング額10,000円以下の場合は税抜き100円、10,001円以上の場合は税抜き200円)はキャッシング利用者が負担します。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒ビューカードは海外キャッシングOK?金利やATM手数料は?



⇒JCBカードの海外キャッシング!繰り上げ返済方法と4つの注意点とは?



⇒海外キャッシングの手数料がお得なクレジットカードランキング!



⇒海外キャッシングサービス|UCカードのキャッシング



おすすめの関連動画







サブコンテンツ

このページの先頭へ