dカードのキャッシングで返済遅延時の状況別ペナルティまとめ!

dカードのキャッシングで返済遅延時の状況別ペナルティまとめ!イメージ


今日は、dカードのキャッシング枠を利用するも、返済が遅れてしまった場合のペナルティについて、状況別に3つ紹介致します。



dカードでキャッシング枠を利用する前に、しっかりチェックしていきましょう。



dカードのキャッシングで返済遅れになった時の状況別ペナルティまとめ




ペナルティレベル1;督促ハガキが来る



dカードは引き落とし日が毎月10日に設定されていますが、引き落とし日までに入金していなかったり、入金したものの残高不足で引き落としができなかった場合、ドコモカードから引き落とせなかった旨を通知するハガキが届きます。



この場合は、ハガキが届く前でも届いた後でもすぐに気付いて入金をすれば、問題なくカードも携帯も使用することができます



みずほ銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・横浜銀行では、引き落とし日以降も毎営業日引き落としを実行しますので、入金すれば即日もしくは翌営業日に返済することができます。



また、三井住友銀行・ゆうちょ銀行・新生銀行では、再引き落とし日が25日(銀行定休日の場合は翌営業日)と定められていますので、25日の前営業日までには入金を済ませておくようにしましょう。



上述以外の銀行口座を引き落とし口座に指定している場合は、ドコモカードが指定する銀行口座に直接振り込む必要があります。



当然ですが、振込の際の手数料とお金借りる期間が延びることによる利息は利用者負担となります。



ペナルティレベル2;6カ月間のキャッシング機能停止

ドコモカードの返済の遅れ!悪質度2;6カ月間の使用停止イメージ


1度や2度の入金忘れでは、カード会社から特別な処置を取られるということはありません。



ですが、何度も頻繁に入金忘れと再引き落としが続くと、理由がなんであれドコモカードから「キャッシング機能6カ月停止」の案内が届きます



この案内が届くと、新規にキャッシングを利用できないだけでなく、ショッピングの枠増大やキャッシングの枠増大申請も行うことができません。



また、初めからキャッシング機能をつけていなかった人も、6カ月以内はキャッシング枠を増やしたり、キャッシング枠の申請を行うことができなくなります。



もちろん、キャッシングができない間も、携帯料金支払いやキャッシング・ショッピング分の月々分割引き落としは継続して行われます。



ペナルティレベル3;カードの強制返還

ドコモカードの返済の遅れ!悪質度3;カードの強制返還イメージ


引き落としができないという通知を送っても口座にお金を振り込まない場合や、キャッシングが利用できない期間中にもカードの支払いが遅れる場合には、ドコモカードは最終手段として「カードの強制返還」を要求してきます。



こうなってしまうと、カードを返還する返還しないに関わらず、クレジットカードを使ってキャッシングやショッピング、携帯料金の引き落としも不可能になってしまうのです!



非常に悪質だと判断される場合には、ドコモカードだけでなく携帯契約の解除となることもあります。



おすすめの関連記事




⇒楽天カードで海外キャッシングできない時に確認すべき3ポイントとは?



⇒dカード | お支払い日に引落しができなかった場合について



⇒UCSカードキャッシング!返済方法と手数料の疑問に答えます!



⇒ゆうちょカードのキャッシング枠獲得の裏技は?利用方法まとめ!



⇒SBIカードのキャッシングは海外OK?限度額増額方法や利率は?


次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ