JALカードのキャッシング機能を海外旅行で利用するメリットは?

JALカードのキャッシング機能を海外旅行で利用するメリットは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



海外旅行が趣味の方や海外出張が多い方から絶大な支持を集めているのが「JALカード」です。



JALに乗るとマイルがたまるだけでなく提携航空会社の利用でもマイルがたまり、普段のショッピングでもマイルがたまりますので、1年ほど利用すると国内外の航空券がもらえてしまうことも少なくありません。



今日は、JALカードのキャッシング機能を使うことで、今後海外旅行や海外出張をする予定がある方に向けて、現地でどのようなメリットがあるのか、3つを厳選してご紹介します!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





JALカードキャッシングのメリット1;安全




クレジットカードが盗まれた場合、カードのカスタマーセンターに連絡すれば、悪用されたとしても全額保証されますので、1円の損失にもなりません。



もし盗難に気付かずに何日か過ぎたとしても、カスタマーセンターに「〇〇日以降は使用していないので、それ以降の利用は私ではない」ということを説明するならば、限度額ぎりぎりにショッピングやキャッシングの利用があったとしても全額返ってきます!



現金の場合は盗まれても戻ってくる見込みはほぼ0ですから、安全性では現金よりクレジットカードということができますね。



JALカードキャッシングのメリット2;両替手数料が安い

JALカードキャッシングのメリット2;両替手数料が安いイメージ


現金は戻ってきませんので、最低限持ち歩くことが防犯上大切です。



ですが、電車に乗るときやチップ、ちょっとしたお土産やカフェでの代金など、現金で支払いが必要なときも意外と多くありますので、ある程度は現金を準備しておかなくてはなりませんよね。



また、日本で外貨を両替して持って行った場合でも、全ての外貨を使いきってしまって、現地で日本円を両替しなくてはならないときもあるでしょう。



実際のところ、両替手数料は両替所によって異なりますので、観光地の近くやホテルのロビーなどで両替すると高額な手数料が上乗せされていることも少なくありません。



そんなときに使えるのが、クレジットカードのキャッシング機能です。



VISA付帯のJALカードなら「VISA」もしくは「Plus」マークのあるATMで、Master付帯のJALカードなら「Master」もしくは「Cirrus」マークのあるATMで、JCB付帯なら「JCB」もしくは「Cirrus」マークのあるATMでお金を引き出すことができるのです。



もちろん手数料はかかりますが、海外でのキャッシングは一括返済が基本ですので利息が高額になることはなく、外貨両替所の手数料よりはるかに得するケースも多いのです!



キャッシング利用枠内の即日融資となりますが、なにより、お金を必要な額だけを引き下ろせるのも嬉しいポイントです。



スポンサーリンク




JALカードキャッシングのメリット3;銀行でも利用可

JALカードキャッシングのメリット3;銀行でも利用可イメージ


海外のATMは日本のATMと異なり専用ボックスはありませんので、後ろの人から操作が丸見えになってしまいます。



丸見えの状態になっている方が防犯上優れていると考えられているためこのような構造になっているのですが、慣れていない日本人にとっては「カード情報を見られているのではないか?」と不安に感じることもあるでしょう。



ですが、VISAやMaster、JCBが付帯したクレジットカードなら、銀行でもキャッシングを行うことができます!



警備員のいる安心できる銀行の窓口で、ゆっくりお金を引き出すことも可能なのです。



海外旅行に行くときには、キャッシング機能付きのクレジットカードは心強い味方となりますが、キャッシングという行為は消費者金融のカードローンと同じくお金借りることであるのは変わりません。



返済が長引くと利息も増えてしまいます。



無理なく返済できる額だけを借りるように心がけましょう。



スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ