OMCのカードキャッシングの返済方法は?引落と振込でお薦めは?

OMCのカードキャッシングの返済方法は?引落と振込でお薦めは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



年々スマホの機種価格が上がっているような気がしませんか?



そろそろ新機種が欲しい!と思って携帯ショップに行っても、5万円、8万円のモデルばかりでちょっと二の足を踏んでしまいますよね。



機種変更より他社からの乗り換えの方が安くなることも多いので、機種を変えると同時に携帯キャリアも変えようかな?なんて思うことも多いです。



そんなときに使えるカードが、株式会社セディナが発行する「OMCカード」です。



ドコモポイントやauポイントといった携帯キャリアのポイントとも提携しているので、今まで貯めたポイントが無駄にならずに済むだけでなく、利用額が増えるとポイント倍率が高くなる嬉しいサービスを行っていたりします!



ですが、OMCカードについて検索すると「カスタマーセンターに電話がつながりにくい」ことや「キャッシングの返済方法が分かりにくい」という口コミがよく見られます。



今日は、OMCカードでキャッシングを利用した場合の返済方法を紹介し、もっともお得な返済方法を検証いたします!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





OMCカードのキャッシングの特徴は?




OMCカードでは、銀行や消費者金融のカードローンのように、指定する口座に現金を直接振り込んでもらうサービスも提供しています。



即日にお金を振り込む必要があるときや、ATMを使ってお金借りる時間がないときにも、便利に利用することができるのです!



楽天銀行口座を振込口座に指定する場合は曜日や時間にかかわらず即時にお金を振り込んでもらうことが可能です。



また、その他の銀行口座に指定する場合は平日9時~15時は即時に、その他の曜日や時間帯に申し込みを行った場合は翌営業時間帯(平日9時~15時)に振り込んでもらうことが可能です。



⇒即日振込 | セディナ(Cedyna)OMCカード



スポンサーリンク




OMCカードの返済方法は?

OMCカードの返済方法は?イメージ


OMCカードを使用して銀行やコンビニのATMでキャッシングを行った場合も、インターネットや電話で直接口座に振り込んでもらうタイプのキャッシングを行った場合も、返済は「リボ払い」「1回払い」「よゆう払い」の3つの方法で行います。



OMCカードの返済方法1;リボ払い




リボ払いは、ショッピングでの利用と合算して月に1回指定口座から引き落としてもらう返済方法です。



キャッシング枠を指定するときに、返済方法を「リボルビング払い」か「翌月1回払い」かを指定することができますが、カード利用後でも電話1本で返済方法を変更できますので、お金に余裕がない場合は「リボルビング払い」を活用することが可能です。



月々の返済額は、利用額にあわせて、以下のとおり変わります。


前月末までの利用が、
  • 5万円以下の場合は月々5,000円
  • 5万円~20万円以下の場合は月々10,000円
  • 20万円~30万円以下の場合は月々15,000円
  • 30万円~40万円以下の場合は月々20,000円
  • 40万円~50万円以下の場合は月々25,000円
  • ・・・



    返済が順調に減っていき借り入れ額が少なくなると、残高に合わせた返済額が適用されますので、月々の負担も軽くなります。



    デメリットとして、完済するまで日割りで利息が加算されますので、他の2つの返済方法と比較すると返済総額は高くなります。



    OMCカードの返済方法2;1回払い




    もっとも利息が少なくなる返済方法が「翌月1回払い」です。



    借りた日数分だけ日割りで利息が上乗せされますので、月末に借り入れた場合はごくわずかな金利でキャッシングを利用することができます。



    例えば月末日に10000円のキャッシングを利用するなら、翌月27日の引き落とし日には133円の利息(年利18%の場合)を合計した10133円のみ引き落とされます!



    OMCカードの返済方法3;よゆう払い




    お金に余裕があるときに任意で返済することを、OMCカードでは「よゆう払い」と呼んでいます。



    OMCカードのカスタマーセンター専用ダイヤルに電話を掛けて、いつも引き落としに利用している口座から「よゆう払い」したい額だけを追加で引き落としてもらうか、同じくカスタマーセンターに電話を掛けてから利用者がOMCカードが指定する「よゆう払い指定口座」に振り込むか、インターネットバンキングを利用して「よゆう払い指定口座」に入金するかして、随時返済を減らします。



    口座振り込みを行うのと口座引き落としを待つのとではどちらがお得?

    口座振り込みを行うのと口座引き落としを待つのとではどちらがお得?イメージ


    もっともお得に返済する方法は、よゆう払いを選択して引き落とし口座から全額を一括で引き落としてもらう方法です。



    では、よゆう払い指定口座に振り込む方法と毎月の口座引き落としを待つのとでは、どちらがお得でしょうか。



    キャッシング利用した金額が10万円、他行に振り込む一般的な手数料を432円、うるう年ではないと仮定すると、



    月々の引き落としが行われる日までの日数×100,000×0.18÷365 > 432



    つまり、10万円をキャッシングして、引き落としが行われるまでに9日以上残っているなら、指定口座に振り込む方が引き落としの日を待っているよりも金利が安くなると計算できます。



    20万円なら5日以上残っている場合、30万円なら3日以上残っている場合と、金額が大きくなるほど指定口座振り込みのよゆう払いがお得になるケースが増えます!



    最後に、キャッシングもショッピングも返済遅延できるオリコカードもおすすめですよ。気になる方はこちらの記事で紹介していますのでチェックしてみてください。



    ⇒オリコカードキャッシングで返済遅延できる支払PASSとは?欠点と対策は?



    スポンサーリンク




    おすすめの関連記事




    ⇒ヨドバシカードでキャッシングができない時に確認すべき3点は?



    ⇒JCBカードのキャッシング!利用限度額を増やす3つの方法は?



    ⇒エポスカードのキャッシング!口コミ評判や返済方法まとめ!



    ⇒楽天カードで海外キャッシングできない時に確認すべき3ポイントとは?



    ⇒みずほのカードキャッシングのの返済方法は?UCとセゾンでお薦めは?



    おすすめの関連動画








    サブコンテンツ

    このページの先頭へ