銀行でお金借りる条件とは?審査通過を勝ち取る4ポイントとは?

銀行でお金借りる条件とは?審査通過を勝ち取る4ポイントとは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



連帯保証人としての支払いや、お母様の入院費のほか、生活費の充填や投資目的など、十分蓄えをしてきたつもりでも、予定外の出費により融資を受ける必要が生じる場面はたくさんありますね。



そんなとき、あなたならどこでお金を借りますか?



キャッシングの達人と呼ばれる方やカードローンに慣れた方ならば、利用期間や金額によって最終的に支払う利子を計算し、銀行や消費者金融・その他の公的機関などを上手に使い分けることができるでしょう。



ですが、初めてローンを利用する方は、なんとなく安心感のある「銀行」を選ぶのではないでしょうか。



今日は、銀行でお金借りる条件についてお話しさせていただきます!



ちなみに、数万円をサクッと借りたいなら、消費者金融のフリーローンのほうが断然、簡単でおすすめです。



銀行カードローンだと、確かに金利条件は有利ですが、数万円借りる程度であれば、ほとんど利子は変わりない上に、手続きで理由を聞かれたり、在籍確認の電話があったり、正直、面倒なケースが多いからです。



その点、消費者金融のSMBCモビットであれば、最短30分・WEB完結で即日融資できますし、電話連絡や郵便物もないのでバレにくく、利用価値が大きいです。



●最短30分・来店不要で即日融資もOK、電話連絡もないのがSMBCモビット

SMBCモビット


 即日融資も可

 最短30分でWEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示









銀行でお金借りるつ4の条件まとめ!高額融資や低金利ローンも可能?




消費者金融では限度額が300万円~500万円であることが一般的ですが、銀行ではカードローンでも1000万円まで、不動産取得などの目的別ローンなら数千万単位で借りることが可能です。



また消費者金融では18%程度が最高金利となっていますが、三菱東京UFJ銀行のように最高金利が15%前後の場合もあり、一般的に、利子の面で有利です。



融資限度額と利子において、お金借りるなら圧倒的に有利な銀行ローンは、申込にどのような条件が課せられるのでしょうか。



銀行でお金借りる条件1;安定した収入

銀行でお金借りる条件1;安定した収入イメージ


銀行では、安定した収入が保証されていることを条件としていて、審査時には年収や勤続年数などの情報が要求されます。



個人収入のない専業主婦が借りられる銀行もありますが、融資額によっては主婦本人の代わりに、家庭としての収入を確認するため配偶者であるご主人の年収や勤続年数がわかる書類が要求されることもあります。



もちろん収入が多ければ多いほど、融資できる限度が増えます。



こちらの記事では専業主婦でもお金を借りられる業者を紹介しています。



⇒無職でお金借りる!即日融資ok・専業主婦向けキャッシング業者!



銀行でお金借りる条件2;20歳以上65歳以下であること




安定した収入がある場合には20歳未満であっても審査が通ることもありますが、基本的には年齢が20歳以上かつ65歳以下であることが求められます。



消費者金融系カード会社によっては70歳以下でも融資する場合もありますが、ほとんどの銀行では65歳以下が条件となっています。



銀行でお金借りる条件3;ブラックリストに載っていないこと




自己破産経験がある場合や、クレジットカードやキャッシングの返済を滞納した経験がある場合は、審査がおりにくいかもしれません。



債務整理の経験がある場合は10年間は融資が難しく、長期にわたって返済滞納経験がある場合は1年間は融資が難しいと覚えておきましょう。



銀行でお金借りる条件4;複数の金融会社から借りていないこと

銀行でお金借りる条件4;複数の金融会社から借りていないことイメージ

滞納していない場合でも、あまりにも多くのカード会社や金融機関でローンを利用している状況の場合、融資が下りにくくなります。



一般的には、すでに4社以上から借り入れている状況では審査が難しくなると考えられます。



該当する方は、銀行ローンに一本化するなど、借り方の方法を見直してみる必要があるでしょう。



スポンサーリンク




銀行で借り入れる際に必要なものとは?




これらの4つの条件に当てはまる場合、銀行で融資を受けることができる可能性が高くなります。



実際に銀行で借り入れ契約を行う際には、どのような書類を準備する必要があるでしょうか。



カードローンでは本人確認書類が必要




銀行のカードローンに契約する際には、カード発行時に本人であることを確認する運転免許証や健康保険証、パスポート、外国人登録証などの身分証が必要書類となります。



銀行窓口が閉まっている時間帯でも、三菱東京UFJ銀行ではテレビ窓口を通して、三井住友銀行では自動契約機を利用して、カード発行と即日借り入れが実施できます。



なお、カードローンは保証人を立てる必要はありませんので、誓約書などの記入は求められません。



高額融資の場合には収入を証明する書類も必要




各銀行が定める一定の金額を超える高額融資の場合には、源泉徴収票や確定申告書、住民税決定通知書、納税証明書などの収入を証明する書類が必要になります。



最後に、どうしても審査が通らないという方は、以下の記事の頼み方を参考に友人や親に借りるという手もあります。



⇒親や知人にお金を借りる時の言い訳は?効果的な理由・口実5つ!



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒質屋でお金借りる方法は?利息や返済期間で注意すべき3点とは?



⇒未成年が即日でお金借りる方法とは?年齢別に紹介します!



⇒役所でお金借りる方法とは?生活福祉資金制度の融資について!



⇒三井住友銀行|カードローン 商品詳細について



⇒友達からお金借りる前に理解すべき2つのリスクと3つのマナー!



⇒お金借りる人が掲示板で暴露している4つの悩みと解決策は?



おすすめの関連動画







サブコンテンツ

このページの先頭へ