年収300万円でも住宅ローンOK?借入限度額&金額別返済計画例!

こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



収入が増えたらマイホームを持ちたいと考えている人も多いでしょう。



ですが、思い通りには収入は増えませんし、業界や企業によっては、反対に年々収入が減ってしまうこともあります。



実際のところ、年収300万円の人は、住宅ローンを組むことができるのでしょうか?



また、無理なく借りられる上限額無理なく返済できる金額はいくらくらいなのかについて探っていきましょう!



年収300万円で住宅ローンは組める?口コミからチェック




年収300万円といえば、あまり高給取りとは言えない水準の年収です。



従業員1,000人以上の大手企業や残業の多い職場なら、大卒正社員の初年度でも年収300万円を超えることはありますので、「果たして年収300万円程度で数千万円もの住宅ローンが組めるのか?」という疑問が生じます。



実際に年収300万円で住宅ローンを組める人がいるのか、ツイッターから探ってみましょう。






扶養家族がいるのに住宅ローンも抱えるというのは、やはり年収300万円では厳しいと思われますよね。






年収300万円では住宅ローンを組みづらいと考える人も多い中、金融機関では年収300万円を超えれば住宅ローンの審査を実施してくれるようです。



審査に通るとあこがれのマイホームを手に入れる半面、長くつらい返済の日々が始まりますが…。






やはり年収300万円では、賃貸の方が良いと考える人も少なくないようです。



月々の住居代だけ見ると賃貸も住宅ローンも大差はなくても、住宅を所有するということは毎年固定資産税などの支払いもあるわけですから、自由に使えるお金がグンと減ってしまいます。



年収300万円の人はどの程度のローンを組んでいる?




では、実際に年収300万円で住宅ローンを組んでいる人のつぶやきを見てみましょう。



どのくらいを借り入れるのが適正なのか、おおよその基準が見えてくるかもしれませんよ。






2,000万円を借り入れると返済が厳しくなると言っていますが、どのくらいの期間で返済するのか、毎月の返済額はどの程度なのかによっても厳しさは変わってきます。



とはいえ、年収300万円の人は、住宅ローンによる融資金として2,000万円を一応の目安にしておいても良さそうですね。






売価500万円の中古住宅ですか…。



どんな住宅なのか想像もつきませんが、500万円程度なら年収300万円の人でも無理なく返済できそうですね。



しかし、リフォームしないと住めないような中古住宅の場合は、リフォーム代の予算も立てておかなくてはなりません



リフォーム代が1,000万円ほどになることもありますので、複数の施工業者から見積もりを取るようにしてくださいね。



住宅ローン審査は厳しい?口コミで調査




年収300万円の人なら、2,000万円前後の住宅ローンを組むことが多いと見ることができます。



しかし、当然のことですが、借入額や継続勤務年数、子どもの有無などによって、住宅ローンの審査難度が変わってきます



どの程度審査が厳しいのか、ツイッターの口コミから調べてみましょう。






旦那さんが独身時代に消費者金融への返済を延滞したことが、住宅ローン審査に落ちた原因になっているのではと考えているようです。



実際に、個人信用情報機関の1つであるCICでは、返済を延滞すると契約期間中あるいは契約解消後5年以内は延滞に関する記録を保管しますので、他の金融機関のローン審査に響いたり、クレジットカードが作りにくくなったりすることがあります。



ほとぼりが冷めるまでもう少し待ってみてくださいね。






申込者本人だけでなく、申込者の勤務先に対しても調査が実施されるようです。



問題を抱えている会社にお勤めの場合は、融資限度額が減らされてしまうようですね。






勤続年数や役職も、審査において大切なポイントですよね。



いつかは住宅ローンを組んでマイホームを持ちたいと思っている人は、会社で辛いことがあっても、「今、会社を辞めてしまうと住宅ローンに通りにくくなる」と考え、安易に転職しないようにしてくださいね。



年収300万円で頭金なしの住宅ローンの借入限度額は? 金額別・返済計画例!




住宅を即金で払えるだけの現金を持っていない人は、住宅ローンを組んで家を購入しなくてはなりません。



頭金なしの場合、年収300万円の人の具体的な住宅ローン返済プランを探っていきましょう。



年収300万円の借入限度額はおおよそ3,000万円!それ以上はほぼ不可能




住宅ローンの借入限度額は、おおよそ年収の10倍だと言われています。



そのため、年収300万円の人の場合、3,000万円を超えるローンを組もうとすると、融資担当者に、「頭金をもう少し出すことはできませんか?」「別の物件を探してみてはいかがですか?」と提案されることがあります。



ただし、年収300万円でも、絶対に3,000万円を超える住宅ローンが組めないわけではありません。



例えば超大手企業に正社員として勤めていて、他の平均的な企業よりも年収増加率が高いことが分かっている場合配偶者の収入が高い場合配偶者の増収が見込める場合医師などの専門職として働いている場合は、現在の年収が300万円であっても近い将来大幅な年収増が期待できますので、3,000万円を超える融資が可能なこともあるのです。



借入額2,000万円の住宅ローン!具体的な返済計画は?




とはいえ、ほとんどの年収300万円の人は、今後、絶対に大きく年収が増えるとは言い切れません。



現状維持が続くとするならば、借入金2,000万円をどのように返済していくことができるでしょうか。



ボーナス払いの有無や返済期間の違いによって、9つのパターンで計算してみました。




※固定金利1.5%、元利均等払い、ボーナスは年2回で計算しています。
※支払総額には手数料や印紙代等は含めておりません。



この表から、返済期間が10年短縮されると、支払総額が200万円ほど安くなることが分かります。



また、ボーナス払いを併用すると月々の返済額は少なくなりますが、ボーナスで支払う割合が高くなる方が支払い総額も(若干ですが)高くなることも分かりますね。



借入額3,000万円の住宅ローン!具体的な返済計画は?




2,000万円の住宅ローンなら、年収300万円の人でも意外と無理なく返済できそうだと感じたのではないでしょうか。



では、借入額が3,000万円に増えると、月々の返済額や支払総額はどの程度変わるでしょうか?




※固定金利1.5%、元利均等払いで計算しています。
※支払総額には手数料や印紙代等は含めておりません。



年収300万円で月々の住宅ローンの返済が10万円を超えるのは、かなりきついですよね。



3,000万円の住宅ローンを組むなら、ボーナス払い併用で30年か35年払いが良いでしょう。



ダブルインカムで収入増




30年払いや35年払いを選択すると、利息だけでも700~900万円も支払わなくてはなりません。



できれば短期間で完済して、支払総額を低く抑えたいですよね。



現在、働き手が1人しかいないのなら、共働きで収入を増やすことを検討してみてはいかがでしょうか。



もちろん、保育園や幼稚園のお子さんがいるときは、送り迎えにかかる時間や保育料についても考慮すべきですが、収入が増えることで月々の返済金を増やすことができ、結果としては短期間でのローン完済を目指せます



副業を始める




すでにダブルインカムのご家庭なら、副業を始めることで収入を増やすことが可能です。



しかし、副業禁止の企業もありますので、かならず社内規定を守るようにしてくださいね。



収入増のために社内規定を破ってしまうなら、ベースとなる収入を失うことになりますので、本末転倒になってしまいますよ。



親に相談する




共働きや副業による収入増が見込めないときは、親に相談することも1つの解決策です。



一度、頭金を出してもらえないか相談してみてはいかがでしょうか。



住宅取得等資金の贈与なら、エコ住宅で1,200万円、その他住宅で700万円まで贈与税から控除可能(消費税8%の場合)ですので、節税にもつながりますよ。



年収300万円以下の人は住宅ローンは組めない?




先程紹介したツイートの中には、「年収300万円あることが、住宅ローンが組めるか組めないかの基準」といった内容のものがありましたね。



実際のところ、年収300万円以下の人は、住宅ローンを組むことはできないのでしょうか?



不可能ではないがやはり厳しい




年収300万円でも、増収の見込みがあれば年収の10倍を超える住宅ローンを組むことが可能です。



同様に、年収が300万円に満たない場合でも、増収の見込みがあるなら、あるいは安定度の高い仕事に従事しているなら、住宅ローンを組むことは可能です。



しかし、年収が300万円に満たないということは決して良い条件ではありませんので、いくつかの金融機関に住宅ローンを申し込んで、ようやく1つのOKをもらえるかどうかという厳しさと想定されます。



また、万が一、住宅ローンを組むことができたとしても、毎月の返済が重荷になってくる可能性はあります。



次の記事で、住宅ローンを組んで後悔する理由と後悔を減らす方法についてまとめていますので、ぜひ後悔する前にご覧になって下さい。



住宅ローンで後悔する10つの理由は?事前確認ポイント6つまとめ!



住宅ローンの金利を低くする方法




金利が高いと、当然ですが利息も高くなります。



支払総額も高くなってしまいますので、金利が0.1%違うだけで3,000万円の35年ローンなら50~70万円もの差が出てしまいます。



少しでも住宅ローンの金利を低くする方法を3つ紹介いたします。



特約をつけない(シンプルな団体信用生命保険のみ)




何十年もの長い間ローンを支払い続けることができるのかと思うと、気が遠くなり、さまざまなことが不安になってしまいますよね。



「病気になって仕事ができなくなったらどうしよう」「医療費がかさんで、ローン返済が滞ったらどうしよう」と、健康面の不安が大きくなるのではないでしょうか。



そのような不安を解消するために、「三大疾病にかかったらローンの返済が免除される」「七大疾病にかかったらローンの返済が免除される」といった特約があります。



しかし、このような特約を付けると、通常の金利よりも高めの金利に設定されてしまいますので、決してお得とは言えません。



特約をつけなくても、身体障害により職場復帰が不可能と判断された場合と死亡した場合にはローンの支払いが免除される「団体信用生命保険(団信)」は絶対に加入しますので、ローン契約者が死んだ後に、配偶者や子どもにローンの支払いが引き継がれることはないのです。



給与振込などで利用している金融機関で借りる




給与振込などで普段利用している金融機関で住宅ローンを組むと、少しお得に利用できることもあります。



住宅ローン決定後に、給与振込口座や総合口座を住宅ローンを組んだ金融機関に移行するのもアリですので、まずは金融機関の融資担当者に相談してみましょう。



変動金利で借りる




通常、固定金利と比べると、変動金利は低金利に設定されています。



変動金利と言っても一定期間は固定期間がありますので、お得な期間だけ利用して、固定期間終了後に借り換えを実施することも可能です。



乗り換えを念頭に置いて、固定期間が長め(10年程度)の変動金利で住宅ローンを組んでみるのはいかがでしょうか。



ただし、別のローンに乗り換えるときには、再度審査を受けなくてはなりませんし、多額の手数料が発生することもあります。



乗り換えの際には、融資担当者に返済総額がどのくらい変わるのかについてかならず尋ね、損をしないようにしてくださいね。



住宅ローンを借りるときに活用できる控除・補助金制度




住宅ローンを借りるときに、控除制度や補助金制度が利用できることもあります。



ぜひできるだけ多くの制度を活用して、お得に住宅を購入して下さいね。



住宅ローン控除




住宅ローンの残高の1%を所得税から控除する「住宅ローン控除」。



所得税から控除しきれないときは住民税からも控除できますので、年収300万円前後の人なら、かなりの減税になります。



住宅ローン控除は最大10年間受けられますので、お得を最大限にするためにも、10年以上のローンを組むようにしましょう。



住宅取得等資金の贈与税控除




先程も触れましたが、直系尊属(親や祖父母)から住宅取得にかかる資金の贈与を受けるときは、贈与税の控除が適用されます。



購入する住宅がエコ住宅基準を満たしているときは、控除額が大きくなりますので、贈与を受ける場合は、なるべくエコ住宅基準を満たす住宅を購入するようにしてくださいね。



市区町村の補助金




エコ住宅を建てるときや3世代住宅を建てるときに、市区町村から補助金が出ることもあります。



もちろん、補助金は自動的には支給されませんので、役場や地域密着型の工務店にどのような補助金制度があるのか尋ね、お得な制度を余すところなく活用するようにしてください。



住宅ローンを組むときは無理することを前提にしないで!




毎月の返済額やボーナス時の返済額を高めに設定してしまうと、支払いが厳しすぎて、生活していくことすら困難になってしまいます。



無理をすることを前提に住宅ローンを組むのではなく、現在の生活と変わらない程度の生活を維持できるように、月々の返済額やボーナス払いの金額を設定するようにしてくださいね。



また、賃貸住宅に住むときとは異なり、固定資産税の支払いも発生します。



年間のローン返済額と固定資産税の合計額が、現在の住宅費(家賃×12)程度になるようにすれば、無理なく返済し続けることができるでしょう。

次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ