みずほ銀行カードローンは窓口で即日融資OK?申込の注意点は?

みずほ銀行カードローンは窓口で即日融資OK?申込の注意点は?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



少しでも早くお金借りる必要がある方や審査を待つ時間が苦手な方は、インターネットでキャッシングを申し込むよりは、銀行に行ってその場で融資を取り付けたいと考えるのではないでしょうか。



特にみずほ銀行カードローンの場合、メガバンクゆえに窓口が多く、かつ、低金利で融資できるなどのメリットが大きいことから、窓口で即日融資を希望するケースが多いことが特徴です。



また、みずほ銀行は本人に収入のない専業主婦でも借入れる事が可能です。



そこで今回、窓口で即日融資の可能性や、審査を受けるにあたって気をつけるべきコツ・ポイントについて解説していきます。



なお、今すぐ数万円程度を借りたい場合、SMBCモビットなら話が早いです。



なぜなら、SMBCモビットなら、最短30分・来店不要(WEB完結)で即日融資もOKだからです。



●最短30分・来店不要で即日融資もokなのがSMBCモビット

SMBCモビット



 最短30分で即日融資も可

 WEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示







次の記事もあなたにおすすめです





みずほ銀行カードローンは窓口で即日融資OK?

みずほ銀行カードローンは窓口で即日融資OK?イメージ


まず、みずほ銀行カードローンを銀行の窓口で申し込む時の大まかな流れは、カードローン申請書に必要事項を記入して署名・捺印し、窓口に書類とともに提出するという手続きになります。



記入した内容や書類に不備がない場合はそのまま審査に移行しますので、銀行を後にして連絡を待ちます。



そして、午前中に申し込んだ場合は翌営業日に、午後に申し込んだ場合は翌々営業日に審査結果が伝えられます。



したがって、「みずほ銀行カードローンを窓口で申し込んだ場合に即日融資はできるのか?」という質問に対しては、窓口で申し込んだ場合には最短でも翌日以降に審査結果が分かりますので、即日融資は不可能ということになります。



みずほ銀行カードローンで即日融資を希望する場合、銀行窓口に出かけるのではなく、パソコンやタブレット・スマートフォンなどでインターネット申込みをその日の午前中に行い、無事に審査通過すれば、その日の午後に即日融資を受けることが可能です。



以下の記事で、みずほ銀行カードローンの審査時間について、詳しく書いてあります。窓口以外で申し込んだ場合の審査時間についても解説してありますので、必要に応じてチェックしてみて下さい。



みずほ銀行カードローンの問い合わせ回答の不足内容を徹底解説!



希望した融資額で審査に通った場合

希望した融資額で審査に通った場合イメージ


希望した融資額で審査に通った場合、みずほ銀行口座のキャッシュカードと兼用型のカードを選択するなら、審査通過後、即、そのキャッシュカードを使ってカードローンを利用することができます。



上述したとおり、窓口で申し込んだ場合、カードローンの審査結果が判明するのは翌日以降になります。



カードローン専用のカードを選択した場合は、1週間~2週間後にカードが郵送されてきてからカードローンを利用することが出来ます。



希望した融資額より低い額で審査に通った場合




希望した融資限度額より低い限度額で融資の審査に通った場合には、決定した融資額の電話連絡と、別途、郵送による連絡が行われます。



連絡を受けてから、カードを利用してキャッシングが可能となります。



なお、カードローン審査に通らなかった場合は、郵送による連絡のみとなります。



スポンサーリンク




みずほ銀行の窓口でカードローンを申し込む前に必ずチェックすべき事とは?




みずほ銀行は複数の銀行が合併してできた銀行ですので、旧みずほコーポレート銀行の窓口ではカードローンの対応を行っていません。



旧みずほコーポレート銀行の店舗ではカードローンの申込ができない (画像引用;みずほ銀行公式ページ)



みずほ銀行の公式サイトで、手続きを行おうとしているみずほ銀行が、もともとみずほコーポレート銀行だったのか、そうでないのか、必ずチェックしてから出かけるようにしましょう。



なお、旧みずほコーポレート銀行だったみずほ銀行の支店名一覧は以下の通りです。



旧みずほコーポレート銀行の支店名一覧 (画像引用;みずほ銀行公式ページにあるPDFファイルより http://www.mizuhobank.co.jp/tenpoinfo/tougou/cb2013/pdf/cb.pdf)



窓口で口座を開設するために準備する書類




窓口で口座を開設することのメリットは、必要な書類をすべて提示することができますので、後日郵送したりする手間が省けることにあります。



条件として、みずほのカードローンを申し込む際に絶対に持っていかなくてはならない書類は、「本人確認書類」です。



氏名と住所、生年月日が記載されている公的書類が「本人確認書類」として利用できますが、運転免許書や各種健康保険証、住民基本台帳カードや国民番号カード(2016年1月以降)など有効期限があるものは、有効期限内のもののみ提示できます。



また、印鑑証明書や住民票などのように指定の機関で発行してもらう書類は、発行後3カ月以内のもののみ提示できます。



外国人の場合は、永住許可を受けていることが分かる書類(有効期限内のもの)なら全て利用できます。



そして、みずほ銀行カードローンの場合は、融資限度額を200万円以上で希望する場合のみ収入が確認できる書類が必要となります。



個人事業主もしくは会社経営者の場合は、住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書のいずれかのコピーを1通提出します。



会社員などその他の労働形態の方は、住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書・源泉徴収票のいずれかのコピーを1通提出します。



印鑑も必要となりますので、忘れずに持っていきましょう。



スポンサーリンク




みずほ銀行カードローンの在籍確認




在籍確認がない事を宣伝文句にしている金融機関もありますが、みずほ銀行は日本を代表するメガバンクですから電話による確認はほぼ必須となっています。



しかしある条件を満たしている場合、ごく稀に在籍確認の電話がかかってこない事もあります。



その条件については以下の記事で詳しく解説していますのでチェックしておいて下さい。



⇒みずほ銀行のカードローンの在籍確認が無い2つのケースとは?



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒みずほ銀行カードローンはATMで融資OK?審査の流れは?



⇒みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?落ちやすい条件3つ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ