SMBCモビットの金利計算を具体的に!損しないための3つのポイント!

SMBCモビットの金利計算を具体的に!損しないための3つのポイント!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



カードローンやキャッシングを利用し始めてから、「こんなはずじゃなかった」と後悔する方はたくさんいます。



考えて利用しているはずなのにどうして後悔してしまうのか、それは、金利と利息計算にまつわる3つのポイントを知らずに利用したからに他なりません。



SMBCモビットを後悔せずに利用できるように、この3つの重要なポイントについてご説明いたします。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





SMBCモビットの金利と利息計算のポイント1;最高利息で計算する




返済に行き詰ってくる人の多くは、「利息が高すぎる!返済してもなかなか借り入れ額が減らない!」とおっしゃいますが、利息計算を正しく行っているなら、そのような事態になることはあり得ません。



SMBCモビットに借り入れる前、金利は何%で計算しましたか?



SMBCモビットの公式サイトを見ると、金利は3.0%~18.0%と記載されていますので、真ん中くらいの10%が適用されると思っていませんでしたか?



実際には、SMBCモビットに申し込むと、ほとんどの人は最高金利の18.0%が適用されます。



SMBCモビットに借りる前から、きちんと金利18%で計算して見ましょう。



単純に計算すると10万円を借り入れたら1ヶ月後には1480円ほど(10万円×18%×30÷365)の金利が発生します。



計算し直してみると、SMBCモビットの利用をより正確にシミュレートすることができますよ。



SMBCモビットの金利と利息計算のポイント2;借りた日から利息が発生

SMBCモビットの金利と利息計算のポイント2;借りた日から利息が発生イメージ


SMBCモビットは『借入期日以前利用日数』分の利息が請求されますので、借り入れた日から利息が発生します。



ちょっと借りてその日のうちに返済したとしても、利用日数は1日となりますので、1日分の利息が請求されます。



「あれ?計算したよりも利息が多い?」ということにはならないよう、利用日数(借りた日から返済する前日までの日数)をしっかり数えて下さいね。



スポンサーリンク




SMBCモビットの金利と利息計算のポイント3;最終残高で返済額が計算される

SMBCモビットの金利と利息計算のポイント3;最終残高で返済額が計算されるイメージ


SMBCモビットは、最終借入時の残高で返済額が計算されます。



初めに80万円借り入れたとしたら月々最低でも24,000円は返済しなくてはなりませんが、借入残高が20万円まで減った時点で新たに5万円を借り入れたら、その時点での借入残高(25万円)で最低返済額が再計算されますので、月々の最低返済額は11,000円と少なくなります。



借り入れを増やしたにもかかわらず、月々の返済額が減ることにもなりますので、なんだか得をしたような気持ちになるかもしれませんが、月々の返済額が減ると言うことは完済までにかかる時間が増えると言うことですので、利息もその分増えると言うことができるのです。



利息を計算する時、つい、最初の借入時だけ計算してしまいがちになりますが、SMBCモビットの公式サイトなどに表示されている『返済シミュレーション』などを使って、頻繁に計算するようにしましょう。



適用金利が変わらなくても、借り入れ額や返済額が変わると、完済までの期間や利息の総額などは大きく変わってしまうからです。



あとになって「利息を支払い過ぎているような気がする。払っても払っても借り入れ額が減っているように感じない!」ということにならないように、返済途中で追加融資を行って最低返済額が減少した場合でも、月々の返済額は減らさないでおく方が良いでしょう。



常に危機感を持つ!




お金を借りると言うことは、ある意味、経済的危機状態にあるということでもあります。



毎月、きちんと返済していけば確かに借入額は減りますが、1日1日利息が発生しているということを忘れてはいけません。



返済シミュレーションをしてみて、「○年○月には全部返済できる!」と楽観的に感じるのではなく、「○年○月に完済するのでは利息が多すぎる。倍速で完済しよう!」という風に考えましょう。



スポンサーリンク




こちらの記事でSMBCモビットの評判を紹介しています。実際に借りる前にチェックしてみてはいかがでしょうか。



⇒SMBCモビットの評判は?借りる時の意見を2chの口コミで徹底検証!


サブコンテンツ

このページの先頭へ