西日本シティ銀行カードローンは便利?審査や返済しやすさは?

こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



西日本シティ銀行のカードローン「キャッシュエース」は、どのような特徴のあるカードローンなのでしょうか。



審査難易度や返済しやすさ、利用しやすさなどについて、電話調査等を実施し、徹底的に調べてみました!



目次

西日本シティ銀行カードローンの審査は厳しい?口コミからチェック




西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の審査の厳しさを知るためは、実際に審査を受けた人の声を聞くのが一番です。



審査を受けた人の生の口コミを、ツイッターから拾ってみます。






気持ちよかったんですね。何か別の意味があるのかと検索してみたのですが、キャッシュエースは西日本シティ銀行のキャッシュエースしかなさそうです。



何というか・・・。まあ、良かったんじゃないでしょうか?






結果については書かれていませんが、こんなにたくさん一度に申し込んだということは、かなりお金に困った状況だと思われます。



何とかなったのでしょうか?続報が気になります!



この2件以外には、西日本シティ銀行のカードローンに対する口コミは見つかりませんでした。



驚くほどには審査が厳しくはないカードローンだと予想できますね!



増額審査は厳しい?口コミから分かることとは?




増額審査についての口コミも1件も見つかりませんでした。



増額審査もそこまで厳しくはないのではと考えられますね。



西日本シティ銀行カードローンの審査時間はどれくらいかかる?




今すぐ融資が必要なとき、なるべくなら審査時間が短いカードローンに申し込みたいですよね?



西日本シティ銀行のキャッシュエースは、どれくらい審査時間がかかるカードローンなのでしょうか?



申込みは24時間OK




申し込みはパソコンかスマートフォン、電話で行います。



電話受付は平日9:00~20:00(土日は10:00~17:00)に限定されていますが、パソコンなどのインターネット経由なら24時間365日いつでも申し込むことができます



西日本シティ銀行の口座を持っている人はスピード対応可




すでに西日本シティ銀行の口座を持っている人なら、来店しなくてもキャッシュエースの申し込みから契約までを行うことができます。



ただし、口座を持っていない人は、西日本シティ銀行への来店が必須です。



カードローンを利用する前に通帳を作らなくてはなりませんので、かならず一度は西日本シティ銀行の窓口に出かけて下さい。



公式サイトの愛称が「ナイスクイック」!速さが売り?




ところで、西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の公式サイトのアドレスは「714919.jp(ナイスクイック)」なんですよね。



思わず「ナイス、クイック!」と言いたくなるような素早さなのかと思いきや、キャッシュエースは口座を持っていても融資を受けるまでに2~10日ほどかかりますので、ごくごく平均的なスピードのカードローンです。



速さが「売り」であるかのように見せかけて、実際はそこまで速くないのが、西日本シティ銀行カードローンだと言えるのです。



西日本シティ銀行カードローンは借りやすい?




スピードに対してはそこそこの西日本シティ銀行カードローン。



借りやすさについてはどうなんでしょうか?



無料で利用できるATMが少ない




西日本シティ銀行カードローンは、西日本シティ銀行だけでなく提携金融機関やコンビニのATMも利用できますが、手数料無料で利用できるのは西日本シティ銀行のATMだけです。



借りる度に100~200円もの手数料を払うのはイヤですから、家の近くに西日本シティ銀行のATMがない人にとっては不便なカードローンだと私は思います。



口座残高不足でも安心!キャッシュエースの自動立て替え機能




ATMの使い勝手は良くないものの、キャッシュエースには非常に優れた機能があるのです。



それが「自動立て替え機能」です。



ついうっかりしてしまう人に便利な機能!




例えば公共料金やクレジットカードなど、口座振替に設定している支払いはたくさんありますよね。



いつも口座にふんだんにお金があれば良いのですが、ぎりぎりの綱渡り状態のときは、つい残高不足になってしまい、支払いに遅れてしまいます



支払いに遅れると、クレジットカードや携帯電話が使えなくなってしまったり、遅延損害金などのペナルティを請求されたりと、手間的にも金銭的にも不都合が発生してしまうのです。



ですが、自動立て替え機能さえあれば、口座に残高が不足しているときは自動的に不足分を補填してくれますので、クレジットカードや公共料金等の引き落としがスムーズに実行されます。



ついうっかりしてしまう人や残高不足になりがちな人は、自動立て替え機能がある銀行カードローンに申し込むのも1つの方法ですね!



キャッシュエースの返済には自動立て替え機能は作動しない




クレジットカードや公共料金の不足分を自動的に立て替えてくれる「自動立て替え機能」ですが、キャッシュエース自身の返済引き落とし分は立て替えてくれません



キャッシュエースの振替日は毎月10日(10日が土日祝日に該当するときは翌営業日)ですので、10日までにはキャッシュエースの引き落とし金額以上のお金を入金するようにしてください。



借入限度額に注意!




引き落としの不足分を自動的に補ってくれる「自動立て替え機能」。



当然ですが、無制限に立て替えてくれるわけではありません。



利用者ごとに決められた借入限度額までしか立て替えることはできませんので、限度額上限近くまでキャッシュエースを利用しているなら、引き落としの不足があっても、自動立て替え機能が作動しないことがあるのです!



融資限度額は300万円と低め




使い勝手を判断する上で、融資限度額も大切な要素の1つです。



西日本シティ銀行カードローンの融資限度額は300万円ですので、他の銀行系カードローンと比べると低め、信用金庫系カードローン並みと言えるでしょう。



高額融資を受けたい人は、同じく西日本シティ銀行が提供している「VCLASS」がおすすめです。



融資限度額が1,000万円と大きいだけでなく、最低金利が3.0%と低く設定されていますので、お得に融資を受けることもできますよ。



西日本シティ銀行カードローンは返済しやすい?




借りやすいカードローンだとしても、返済しにくいなら、使い勝手は悪くなってしまいますよね。



西日本シティ銀行カードローンは返済しやすいカードローンと言えるのでしょうか。



20万円以下の借入なら月々5,000円の返済額でOK




借入総額が20万円以下なら月々の返済は5,000円でOKです。



もちろん、もっとたくさん返済しても良いのですが、経済的にゆとりがないときは、最低返済額が低く設定されているのは助かりますよね。



返済日は毎月10日




返済日は一律毎月10日(10日が土日祝日などの銀行定休日のときは翌営業日)に設定されていますので、個人的な事情で変更することはできません。



お給料を月末受け取る人も多いと思われますので、返済日が10日というのはあまり好ましくないかもしれませんね。



10日までに使いすぎてしまい、「最低返済額も返済できない!」といった情けない状態になることだけは避けましょうね。



返済方法は自動引き落としと任意返済の2つ




西日本シティ銀行の口座からの自動引き落とし以外にも、お金に余裕があるときに好きなだけ返済できる「任意返済」も可能です。



ただし、任意返済は西日本シティ銀行のATMだけで実施できますのでご注意ください。



西日本シティ銀行カードローンのメリット




西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」のメリットをまとめてみました。



キャッシュエースのメリット1:自動立て替え機能




第一のメリットは、やはり「自動立て替え機能」です。



特にほとんどの引き落としを西日本シティ銀行の口座から行っている人は、入金忘れをなくすことができて助かりますよね。



ただし、自動立て替え機能を利用すると、キャッシュエースによる借入額が増え、その分、利息も発生してしまいます



余裕があるときは多めに返済し、利息が膨れ上がらないように注意して下さいね。



キャッシュエースのメリット2:ローンカードがない




キャッシュエースには、専用のローンカードがありません。



西日本シティ銀行のキャッシュカードを利用して借入・返済を行いますので、家族や知人がカードを見たとしても、カードローンを利用しているとは気付かれにくいのです。



また、カード類が増えると管理も大変になりますよね。



キャッシュエースなら、1枚のキャッシュカードで2つの役割を果たすことができますので、カードが無駄に増えません!



キャッシュエースのメリット3:利用明細書が送付されない




キャッシュエースの利用明細の管理は、西日本シティ銀行の通帳で行います。



ATMを利用するときに「明細書を発行する」を選択すれば、紙の明細書を受け取ることはできますが、「明細書を発行しない」を選択すれば紙の明細書を受け取らずに済みます。



また、カードローンによっては定期的に利用明細を記した圧縮ハガキを送付してくることもありますが、キャッシュエースでは利用明細の送付サービスは実施していませんので、家族から「このハガキは何?」と詰問されることもありません。



色々な意味で利用がばれにくいカードローンとも言えるのです!



キャッシュエースのメリット4:専業主婦も年金受給者も利用可能




キャッシュエースは専業主婦も年金収入だけで生活している人も、申し込むことができるカードローンです。



利用限度額は50万円に制限されますが、ご自分のカードローンを持ちたい人には嬉しいですよね。



西日本シティ銀行カードローンのデメリット




メリットの多い西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」ですが、デメリットもないわけではありません。



申し込む前に把握しておきたいデメリットを4つ紹介いたします。



キャッシュエースのデメリット1:融資までに時間がかかる




先程も説明しましたが、申し込んでから融資を受けるまでに2~10日ほどかかってしまいます



至急お金が必要な人は、スピード審査を特徴とする大手消費者金融やメガバンクのカードローンを検討してみましょう。



キャッシュエースのデメリット2:金利が高め




キャッシュエースの金利は年13.00~14.95%と高く設定されています。



利用限度額が100万円未満の人は年利14.95%、100万円以上200万円未満の人は年利14.00%、200万円以上の人は年利13.00%と3段階に設定されていますが、いずれの段階の金利も高いと言わざるを得ません。



西日本シティ銀行の自動立て替え機能が目当てではないのなら、もっと金利の低い他の銀行カードローンを探してみることをおすすめします



金利が高いと言うことは、返済するときに多額の利息が発生するということに他なりません。



ファイナンシャルプランナーの立場としても、高金利のカードローンをすすめることはできません。



キャッシュエースのデメリット3:通帳でローンが一目瞭然




西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」は、ローンカードや利用明細書で「もしかしてカードローンを利用している?」と家族にばれてしまうことはありません。



しかし、通帳にすべての利用記録と返済記録が残ってしまいますので、家族が通帳を見てしまうなら、ローンを利用していることがすぐにばれてしまいます。



家族に絶対にばれたくない人は、通帳は家族の目につかないところに管理するようにして下さいね。



キャッシュエースのデメリット4:学生は利用できない




アルバイトやパートなどで生計を立てている人も、キャッシュエースは申し込むことができます。



しかし、アルバイトで定期的な収入を得ていても、学生の場合は申し込むことができません



西日本シティ銀行では18歳以上の学生向けの「学生奨学ローン」が準備されていますので、学生の人は検討してみて下さいね。

次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ