親や知人にお金借りる時の言い訳は?効果的な理由と頼み方5つ!

親や知人にお金を借りる時の言い訳は?効果的な理由・口実5つ!イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



皆さんはお金がどうしても必要になった時、銀行や消費者金融などのキャッシング業者の即日キャッシングやカードローンを利用しようと考えるでしょうか?



銀行や業者では借りる前に審査を受けなくてはなりませんし、真っ当な業者かどうか見分けがつかず、間違って闇金を選んでしまうかもしれません。



一般的には、親や知人など、身近な人に融資をお願いしようと考える人が多いのではないでしょうか。



今日は、親や知人からお金借りる場合を想定し、相手が思わず貸したくなるような言い訳として、効果的な理由・口実を5つご紹介します。



ただ正直、言い訳するのは面倒ですし、何よりも関係がギクシャクする不安がありますよね。



それがイヤなら、言い訳や口実不要の消費者金融のほうが安心・確実、話が早いです。




個人的には、SMBCモビットなら、キャッシング初心者でも、入力項目少なく、最短30分・来店不要(WEB完結)で即日融資もできおすすめです。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


●言い訳・口実不要、最短30分・来店不要で即日融資もOKなのがSMBCモビット

SMBCモビット


 即日融資も可

 最短30分でWEB完結、来店不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示









親や知人にお金借りる時の効果的な言い訳&理由&頼み方5つまとめ!




それではさっそく効果的な言い訳を5つご紹介します。



この中から慎重に、より有効そうな言い訳を選択して、無事にお金を借りられるように頑張ってください。



その1;利息付けるから貸して!




家族や友人・知人と言っても「ただでお金を貸すのは嫌だ」と、ドライな関係の場合もあると思います。



このような場合、相手に利息を提示する事により、融資を受けられる可能が上がります。



「借りた10万円を、毎月1万円ずつ計11回返済する」など計算しやすく分かりやすい利息を提案する事で、借りる側にとっても貸す側にとっても忘れにくくなるメリットになります。



もちろん、高すぎる利息の場合は自分達の生活が困難になりますし、安すぎる利息の場合は貸してくれない事もありますので、10%程度の利息が現実的かつ了承を得やすいベストな水準と言えるでしょう。



その2;勝負日が迫っている!


お金借りる時の頼み方;勝負日が迫っている!イメージ

恋人との気合いを入れたデートや、結婚指輪を購入するという目的の時など、勝負日が迫っている状況にも拘わらず、その準備の為にお金が用意出来ないという理由を事を話せば、家族や友人・知人も「仕方ないな」となるのではないでしょうか。



「成功したら、プラスアルファがあるかも!」と暗に得する事を匂わせれば、気前良くお金を貸してくれるかもしれません。



補足ですが、相手が喜んでお金を貸してくれた場合にも、しっかりと借用書を作っておく事がお薦めです。



特に、家族間での貸し借りの場合は、借り主もしくは貸し主が借用書を作ろうとしても「いいよいいよ、自分がちゃんと覚えているから」と相手が断る事もありますが、後で返済する時にトラブルにならない為にも、借用書をしっかりと作る事を前提にして、ローンを頼んでみましょう



スポンサーリンク




その3;結婚式やお葬式が重なった!




借金をする時によくありがちなケースで貸す側の共感を得られやすい理由が、「冠婚葬祭」に絡めた借金の依頼です。



親兄弟や友人達も、「そんなに結婚式や葬式が続くわけが無いのだから、きっと来月からは返済できるだろう」と考えてもらいやすくなるのがポイントです。



常にお金が無いではなく、たまたま出費が重なってしまい貯金でも間に合わなかった事をアピールすれば、相手の返してもらえないかもしれないという不安を払拭する事が出来ます。



その4;理由は伏せて返済日だけ言う




家族や友人に貸して一番困るのが、返済が遅れた場合などに「催促しにくい」という事です。



銀行や消費者金融などのキャッシング業者であれば、返済期限が来たら容赦なく「請求書」や「督促状」を送り付ける事で、早期返済を勧告する事が出来ますが、家族や友人・知人などの近しい関係の場合、お金の事をなかなか切り出しにくいデメリットがあります。



そこで、ネガティブになりがちな借りる理由を敢えて言わずに、給料日にお金が入る事や、返済プランがはっきりしているなどのポジティブな材料を伝えた上で、お金を借りる提案をするのがポイントです。



返済日が分かっているなら、貸し主も「今日は返済日でしょう?」と返済の催促をしやすくなる為、精神衛生上から見てもお薦めです。



その5;情けないけど言い訳をしないでひたすら頼む

お金借りる言い訳;言い訳をしないでひたすら頼むイメージ


まずは率直に、現在お金が無い事、どんな理由や目的でお金を借りたいのか、それをどのような方法で返済していくのかなど、全て正直に伝える事が大切です。



「ちょっとお金貸して」のような曖昧な頼み方をすると、頼まれた家族や友人も「お金の事なのにいい加減だな、貸したくないな」と考えてしまいます。



まずは率直に、誠実に、言い訳せずに頼むのが、お金を借りやすくするポイントです。



ただ、友人・知人からお金を借りる場合、話を持ち掛けるだけで人間関係が壊れてしまうリスクもあるし、家族に借りる場合、贈与税なども考える必要がありますね。



人間関係が崩れるのがイヤなら、消費者金融からお金を借りたほうが、安心・確実で話が早く、10秒簡易審査ができ、最短30分・WEB完結で即日融資も可能なSMBCモビットがおすすめです。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


●言い訳・口実不要、最短30分で即日融資もOKなのがSMBCモビット
SMBCモビット


 即日融資も可

 最短30分でWEB完結、来店不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示









親からの借金で贈与税がかからないための4つの注意点と対策法!




親から借金をする時に気をつけなければならない事があります。



それは税務署から贈与であると判断されないようにする事です。



何も考えず迂闊に親からお金を借りてしまうと、贈与であると扱われてしまい、贈与税がかかってしまいます。



ここでは贈与と扱われないために正しい手順を踏んで、正しく親からお金を借りるための4つの注意点と、その対策法を確認していきましょう。



その1;返済不能な高額の借金




自分の収入から考えて返済不能なほどの高額の借金をすると、贈与が前提とみなされてしまいます。



あくまでも返す事が可能な金額を借りるようにしましょう。



その2;契約書が無い借金




契約書(借用書)の無い口約束での借金だと、第三者から見た場合に本当に返済の契約があるのかどうか分かりません。



この事から、契約書の無い場合は贈与であるとみなされる可能性が高いです。



親からお金を借りる場合も契約書を交わすようにしましょう。



また、契約書を作るという旨を先に伝える事によって、安心してお金を貸してくれやすくなるという効果も見込めます。



その3;金利が無い借金




「親から借りるのに金利を設定するの?」と思うかも知れません。



しかし例え親からお金を借りる場合であっても、金利をつけないと贈与と判断されてしまうのです。



なので贈与とみなされないためには金利を設定する必要があります。



1%でもいいので金利を設定しておき、借用書に明記しておくようにしましょう。



その4;返済期限が無い借金




親から借りる場合ですから、「お金がある時に返してくれればいい」という風に返済期限なしで借してくれる事もあると思います。



しかしちゃんと返済をしていても、返済期限なしだと贈与とみなされてしまうのです。



そうならないために返済期限を設定しておきましょう。



親から借りられない社会人向けの解決策!審査に通る人気のカードローン!




どうしても親や知人から借りる事が出来ないという社会人の方は、カードローンを利用するという手があります。



ここでは冒頭でお勧めしたSMBCモビット以外で、人気の3つのカードローンを紹介します。



人気のカードローンその1;プロミス


プロミスの公式サイトイメージ
【画像引用】プロミスの公式サイト




プロミスははじめての人なら最大30日間利息0円。



もちろん申し込みはネットからでOKなので来店不要です。



更にカード不要の「アプリローン」なら、申し込みから借り入れまでスマホだけで簡単に出来ます。



事前に融資可能か診断できる「お借入シミュレーション」や、返済計画を立てられる「ご返済シミュレーション」もありますのではじめてでも安心ですね。



金利4.5~17.8%
限度額最大500万円
審査速度最短30分
融資速度最短1時間



気になる金利や限度額はこちらです。



金利が他社よりも安いのが特徴ですので、とにかく安く借りたい方はプロミスを利用すると良いと思います。



  • 30日無利息サービスがあったので利用しました。すぐに返すつもりだったので無利息で借りれてありがたいです。
  • 最短30分という宣伝が本当なのか不安でしたが本当に速かったです。金利も低いし完璧でした。
  • フリーターで給料も安かったのですが審査に通りました。オペレーターの対応も良かったです。



  • こちらはネットの評判です。



    定番の業者だけあって利息・スピード・対応どれをとっても好評のようです。



    人気のカードローンその2;アイフル


    アイフルの公式サイトイメージ
    【画像引用】アイフルの公式サイト




    アイフルもプロミスと同じく、はじめの方なら利息最大30日間0円。



    申し込みもネットから可能、来店不要なので、誰にも知られずキャッシングが可能です。



    「1秒診断」を利用すれば、たった1秒で融資可能か事前に診断する事が出来ます。



    また、アイフルには女性オペレーターが対応してくれる女性専用の電話番号がありますので、女性の方でも安心して相談出来ますね。



    金利3.0%~18.0%
    限度額最大800万円
    審査速度最短30分
    融資速度最短1時間



    金利や限度額はこのようになっています。



    金利を見るとプロミスよりもやや高い事が分かります。



    アイフルの電話対応
    【画像引用】2ちゃんねる




    2ちゃんねるの口コミを見ると、電話対応が親切であるという話がありました。



  • 担当の人の感じが良かったです。ちゃんと返済したら限度額も増額されました。
  • 対応してくれた女性の方が親切で、安心して借りられました。
  • アイフルは一番対応が良いです。金利も大事ですが対応が悪い業者は怖いのでアイフルを使っています。



  • ネットの口コミでもとにかく対応が良いという意見が多いですね。



    人気のカードローンその3;アコム


    アコムの公式サイトイメージ
    【画像引用】アコムの公式サイト




    アコムも、はじめての方なら最大30日間の金利が0円となっています。



    申し込みもインターネットから簡単。




    事前の診断が出来る「3秒診断」や、返済計画を立てられる「ご返済シミュレーション」も完備しています。



    金利3.0%~18.0%
    限度額最大800万円
    審査速度最短30分
    融資速度最短1時間



    こちらがアコムの金利や限度額です。



    最大金利はプロミスよりも高いものの、最大限度額が800万円と、プロミスやアイフルに差をつけています。



    必要な金額が高額ならアコムがおすすめと言えるかも知れません。



    アコムの審査
    【画像引用】2ちゃんねる




    2ちゃんねるの口コミを見ると、失業中でも審査に通ったという話もあります。



    自分が審査に通るか不安だという方はアコムを試してみるといいでしょう。



  • 利息が安かったのでアコムで借りました。コンビニやネットで返済できるので便利です。
  • オペレーターの対応が優しくて良かったです。またアコムを使いたいと思います。
  • 電話や窓口で話すのが嫌だったのでむじんくんを利用して借りました。



  • ネットの口コミでは便利さや対応の良さも好評となっています。



    親からお金を借りるのはどういう時?必要になる状況まとめ!




    親や知人から借りる方法についてご紹介してきましたが、そもそもお金を借りるのが必要になる状況とはどういう時なのでしょうか?



    ここではよくあるケースについて見ていきます。



    状況その1;住宅ローン




    親からお金を借りる時で多いのは住宅関係です。



    住宅ローンの頭金として必要だったり、賃貸契約をする時などに借りる事になります。



    お金を借りる理由としては前向きな理由である事から、協力的になってくれるケースも多いのではないでしょうか。



    状況その2;子供の教育費




    子供の高校進学や大学進学にかかる教育費を借りるというケースもよくあります。



    これは志望する進路によって必要な金額が変化するため、想定外に必要になってしまう事もあるのです。



    親に今まで最高いくらくらい借りた事がある?実体験の口コミまとめ!




    最後に、借りる金額について、実際に親から借りた人の口コミを元にご紹介します。



  • 高額な買い物をしてしまい、どうしても生活費が足りず親に20万円借りました。

  • 結婚したので、引越し費用として親に50万円借りました。

  • 歯の治療のために借りました。保険の適用外の治療だったので1本につき10万円、2本で20万円かかりました。



  • やっぱりどうしてもお金が必要になる状況はありますよね。



    借りる金額は人によって様々ですが、いずれにしても信頼を失わないためにもきちんとお金は返すようにしましょう。


    次の記事もあなたにおすすめです!



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ