プロミスの増額審査で在籍確認の電話が来る人の条件とは?

プロミスの増額審査で在籍確認の電話が来る人の条件とは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



カードローンやキャッシングの利用限度額を増額しようとすると、初めに契約した時とは別の『再審査』を受けなくてはなりません。



この『再審査』でも、勤務先に在籍確認の電話をすることがあるのでしょうか。



大手消費者金融のプロミスの場合を見ていきましょう。



●プロミスなら30日間無利息で即日融資もOK




 30日間無利息
     ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
 即日融資(最短1時間)も可能

 Web完結も可能


 カードレスでも借りられる


・電話での在籍確認に対する要望がある場合、申込完了後すぐに相談して下さい。





次の記事もあなたにおすすめです





増額審査時の在籍確認は、金融機関によって異なる




最初に契約する時には、ほとんどの消費者金融や銀行が、利用者の勤務先への在籍確認電話を実施しています。



ですが、増額申請をしたときなどの再審査時には、在籍確認の電話を絶対に行う金融機関や場合によっては在籍確認の電話を実施する金融機関、ほとんど在籍確認の電話を行わない金融機関と、金融機関によって在籍確認の電話に対する姿勢がまったく異なるのです。



再審査のために在籍確認の電話をかけたときに、電話を取った人が「そのような者は弊社にはおりません!」と伝えてしまうなら、まず間違いなく審査に落ちます。



契約時と勤務先が変わった場合は、会員サイトなどから勤務先の住所と電話番号、会社名を最新の情報に更新しておきましょう。



また、会社が個人宛の電話を取り次がない場合もありますよね。



そのような場合は、金融機関に、会社が個人宛の電話を取り次がない旨を伝ておきましょう。



プロミスの場合は、在籍確認の電話が必要になるのは約半分

プロミスの場合は、在籍確認の電話が必要になるのは約半分イメージ


プロミスは、増額審査の際に、利用者によって在籍確認の電話をする場合としない場合があります。



増額審査を受けた経験談などをネットで検索してみると、約半分の利用者に、プロミスから勤務先への在籍確認の電話があったようです。



スポンサーリンク




プロミスで在籍確認の電話が必要になる人はこんな人!

プロミスで在籍確認の電話が必要になる人はこんな人!イメージ


では、どんな人が、増額審査の際に在籍確認の電話が必要となっているのでしょうか。



在籍確認の電話がかかる人1;職場が変わった人




初回契約時の職場と異なる職場に勤めている人は、まず間違いなく新しい勤務先に在籍確認の電話があります。



今の勤務先は個人宛の電話を取り次いでくれるのかどうか確認しておきましょうね。



在籍確認の電話がかかる人2;借入先が増えた人




信用情報機構で確認すると、プロミス以外の何か所からお金を借りているかがすぐに分かってしまいます。



例えば、プロミスの初回契約時にはプロミス以外でキャッシングの契約があるのは1社のみだった人が、増額申請時にはプロミス以外に2社から借り入れていることが判明するなら、契約を結んだ時と比べてお金に困った状況にいると判断されてしまいます。



そのため、プロミスも慎重に限度額を増やしてもいいのか検討しますので、勤務先に在籍確認の電話がかかってきてしまうのです。



在籍確認の電話がかかる人3;収入が大幅に変わった人




収入が増えた場合も減った場合も、大幅な変更がある場合は、勤務状態においても何らかの変化があったものとして、在籍確認の電話をかけて確認することもあります。



収入が大幅に減った場合は、総量規制の額も下がりますので、増額審査に通過する確率はかなり低くなってしまいますが、収入が大幅に増えて、在籍確認もきちんと行えるなら、増額審査に通過する確率は非常に高いと考えられるでしょう。



プロミスでは、在籍確認の電話を避けることも可能




私用の電話を取り次がない会社や、個人的な電話がかかってくると目立ってしまう会社に勤務している場合には、審査を受ける前に、プロミスに在籍確認の電話をかけないでほしいとリクエストすることができます。



スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ