楽天銀行カードローンの保証会社はどこ?2社の役割と機能とは?

楽天銀行カードローンの保証会社はどこ?2社の役割と機能とは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



今日は、楽天銀行カードローンの保証会社を具体的にご紹介し、その役割や機能について詳しくお伝えします。



銀行カードローンの審査に通ると、いよいよ契約に移りますが、この契約書をよく見ると、銀行名だけでなく「保証会社」の名前も記されており、「保証会社の保証を受けられる方」のみが融資を受けることができると記載されています。



これは一体どういう意味なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク




楽天銀行カードローンの保証会社はどこ?2社の役割と機能とは?

楽天銀行カードローンの保証会社はどこ?2社の役割と機能とは?イメージ


楽天銀行スーパーローンのWebページにあるカードローン規約には、「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」が保証会社であることが明記されています。



これらの会社の概要とどのような役割を担っているのかについて探っていきましょう。



楽天カード株式会社




2001年に設立された「株式会社あおぞらカード」が2004年に楽天株式会社の子会社となり、現在の「楽天カード株式会社」になっています。



主な業務内容は、楽天クレジットカードの発行と楽天銀行カードローンの信用保証業務を請け負うことです。



楽天銀行のカードローン(スーパーローン)を利用すると、個人情報は全て保証会社でもある楽天カード株式会社にも共有されます。



楽天カード株式会社による宣伝物の送付を中止してほしい場合や、楽天カード株式会社で扱う個人情報の内容を訂正・削除・開示して欲しい時は、直接楽天カード株式会社のお客さま相談室に電話で問い合わせることができます。



株式会社セディナ




1950年に設立された「株式会社丸興」が2008年に三井住友フィナンシャルグループの傘下に入り、2009年に「株式会社セディナ」と名前を改めました。



【参考】信販事業 | セディナ(Cedyna)の公式ページ



楽天銀行系のカード以外にも多くの三井住友フィナンシャルグループ系のクレジットカードの発行や、カードローンの保証請負を行っています。



株式会社セディナで扱う個人情報の訂正・削除・開示を希望する場合は、直接株式会社セディナのお客さま満足推進部・カスタマーセンターに電話で問い合わせることが可能です。



銀行カードローンの保証会社とは?果たす役割とは?




銀行カードローンは、担保も保証人も不要で契約を行うことができます。



お金をしっかり返済してくれる人が利用する場合は問題ありませんが、返済が滞る場合や、自己破産などの債務整理をして返済能力がないと裁判所で判断されてしまう場合には、銀行側は大きな損失を被ることになります。



そのような事態が起こらないように利用者の審査を行い、融資可能と判断した利用者が返済不能の状況に陥る場合には保証人となって返済を行うのが「保証会社」なのです。



一般的に、銀行カードローンの保証会社は消費者金融ですので、銀行カードローンでお金を借りるためには、銀行自身の審査の他に保証会社である消費者金融の審査の2つの金融機関の審査に通らなくてはなりません



銀行カードローンの借り入れ審査が消費者金融の審査より厳しいことが多いと言われるのは、このためなのです。



最後に、正直な話、楽天銀行カードローンでお金借りるより、即日融資もOKなSMBCモビットからお金を借りたほうが、話が早いです。



SMBCモビットなら、10秒簡易審査もあり、来店不要で即日融資もできる上、入力項目が業界最小級であり簡単。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


また、電話連絡もないので、職場や家族にバレずに融資を受けられる
など、メリットも多く検討する価値ありです。




SMBCモビットなら最短30分で即日融資もok。
楽天銀行の利用枠を増額するより話が早く簡単!

SMBCモビット


 最短30分で即日融資も可
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 WEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示









次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ