楽天銀行カードローンで強制解約される2原因と3対策まとめ!

強制解約されないために


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



低金利かつポイントもためられるカードローンとして人気の『楽天銀行カードローン』。



融資スピードは他の銀行や消費者金融と比べるとゆっくりめで、即日融資を謳っていますが、実際にキャッシングができるのが2~7営業日後になることも珍しくありません。



つまり、じっくりと丁寧に審査を行っている銀行とも言えるのですが、そんなに時間をかけて審査を行ったはずなのに突然強制解約の連絡が来ることも稀にあるようです!



なぜ強制解約されるのか、強制解約が起こる状況を具体的にご紹介いたします。



楽天銀行カードローンを長く愛用して行きたい方は、ぜひ読んで強制解約されない対策を立てて下さいね。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





楽天銀行カードローンの強制解約1;2カ月以上最低返済額を返済しない




最低返済額を返済する


楽天銀行カードローンには、2つの返済方法があります。



利用残高に合わせて最低返済額が決まる『残高スライドリボリビング返済方式』と、利用限度額に応じて一定額を返済する『元利込み定額返済方式』の2種類です。



残高スライドリボルビング返済方式の場合は月々3,000円以上、元利込み定額返済方式の場合は月々10,000円以上を返済しなくてはいけませんが、この最低額を2カ月以上延滞してしまうと、強制解約の対象になってしまいます。



1カ月の返済の遅れは口座への入金忘れなど悪意のないものと考えられますが、2カ月以上の返済の遅れは故意に、つまり悪意のあるものとみなされるのです。



もちろん、2カ月以上返済が遅れても、いきなり強制解約はされません。



何度か携帯電話に通知が入り、支払いに応じるように勧告されます。



ですが、入金を拒んだり電話に出なかったりすると、楽天銀行側の最後の手段として、封書で強制解約の書類が送られて来るのです。



楽天銀行カードローンの強制解約2;電話が通じない




返済以外にも、楽天銀行側が利用者とコンタクトを取りたいと思う状況があります。



楽天銀行が送った残高証明書などの書類が差出人不明で戻ってきた場合なら、正しい住所を確認するために電話がかかってきますし、利用限度枠変更や融資状況を見直す際に会社や居住先の住所が変更されていることに気付いたら、正しい勤務先や最新の個人情報を確認するために電話がかかってくることもあるでしょう。



ですが、何度携帯電話に連絡しても出ない場合や、折り返して電話するようにと楽天銀行側がメッセージを残しているにもかかわらず折り返して電話しない場合は、信用することができない利用者と判断して強制解約につながることもあります。



スポンサーリンク




強制解約を防ぐために心がける3つのこと




強制解約されないために


強制解約という非常事態を招かないためには、次の3つに留意する必要があります。



強制解約を防ぐ方法1;情報更新をこまめにする




楽天銀行の会員用ページで、個人情報をこまめに更新します



勤務先が変わった時や固定や携帯の電話番号が変わった時など、こまめに更新することで情報が最新であることの証明にもなり、楽天銀行からの信頼を得ることができます。



強制解約を防ぐ方法2;留守電OKにする




いたずら電話を防止するために、登録以外の電話に出ない方も多いですよね。



楽天銀行から電話がかかってくる場合、要件によって異なる電話番号からかかってくることがありますので、受け取り拒否をしているわけではなくても楽天銀行からの電話に出られないことがあります。



楽天銀行から電話が入る場合はかなりの確率で留守電にメッセージを残しますので、必ずメッセージを聞くように習慣づけましょう。



強制解約を防ぐ方法3;普段よく利用する銀行を返済口座に指定する




楽天カードローンの返済専用に楽天銀行口座を開設する人も少なくありません。



すると、普段は利用しないので、つい返済額入金を忘れてしまい残高不足になりかねないのです。



入金忘れが気になる方は、普段よく利用する銀行を返済口座に指定してくださいね!



強制解約されても、返済義務は残っている!




強制解約された時点で楽天銀行カードローンとの縁が切れてしまうわけではありません。



強制解約は、今後一切の借入は利用停止になりますけれども、今まで借りた分の返済は期日内にしなくてはならないという処置なのです。



速やかに返済を行うか、他の消費者金融などの債務の状況によっては自己破産申告などを考える必要があるでしょう。



最後に、楽天銀行カードローンの審査を高速化する方法についてはこちらの記事で紹介しています。チェックしてみてください。



⇒楽天銀行カードローンの審査時間は?4つの最速化テクニックは?



こちらの記事では楽天銀行カードローンの利用を会社にバレたくないという方向けに、在籍確認なしで借りれる方法をまとめています。ご参考にして下さい。



⇒楽天銀行カードローンで在籍確認なしで借りれる3条件まとめ!



楽天銀行カードローンの限度額を増額したいという方は、こちらの記事でコツを紹介していますのでチェックしてみてください。



⇒楽天銀行カードローンの増額審査の口コミ!限度額UPのコツ2つ



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒楽天カードキャッシングはATM返済がNG?代替の返済方法は?



⇒楽天銀行カードローンの口コミ評判!審査や即日融資の実態は?



⇒楽天銀行カードローンの保証会社はどこ?2社の役割と機能とは?



⇒楽天銀行カードローンの審査基準は?通過する人の3つの共通点!



おすすめの関連動画





サブコンテンツ

このページの先頭へ