レイクの解約について!メリットとデメリットと手続き方法は?

レイクの解約について!メリットとデメリットと手続き方法は?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



どうしてもお金借りる必要がある時にはカードローンは本当に心強い存在となりますが、今後は利用することがないと考えられる場合には解約したほうが良いのでしょうか?



今日はレイクの解約するメリットとデメリット、および、解約手続き方法について探っていきます。



なお、今すぐ数万円程度を借りたい場合、SMBCモビットなら話が早いです。



なぜなら、SMBCモビットなら、最短30分・来店不要(WEB完結)で即日融資もOKだからです。



●最短30分・来店不要で即日融資もokなのがSMBCモビット

SMBCモビット



 最短30分で即日融資も可

 WEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示







次の記事もあなたにおすすめです





レイクを解約するメリットは?

レイクを解約するメリットは?イメージ


解約することでどんなメリットがあるでしょうか。



メリットその1;住宅ローンなどに通りやすくなる




収入が多くても複数の金融機関(消費者金融や銀行など)から借り入れを行っている場合は、新しいローンの契約に通りにくくなります。



カードローンなどを完済したとしても契約を解除していないなら、「与信がある(借り入れる可能性がある)」と判断されて1社から借り入れを行っているとみなされるのです。



例えば初回限定30日間無利息サービスを利用するために、無利息サービスを実施している3つの金融機関でカードローン契約を行ったとします。



全て30日以内に返済すれば金利は発生しませんが、返済後、契約をそのまま放っておくなら、借入額は0円だとしても3社と契約している状態にあるということができるのです。



たとえ借金は0円でもこのような状態のまま住宅ローンに申し込むなら、かなりの確率で審査に落ちることになってしまいます。



返済が滞っていない場合でも契約している記録が「全国銀行個人情報センター」や「日本信用情報機構」などの信用情報機関に解約後5年間保存されますので、将来的に住宅ローンなどを組みたいと考えている方は、なるべく早めに解約しておくようにしましょう。



メリットその2;無駄な借金を作らない




そこまで困った状況になくても、ローンカードが手元にあれば利用したくなるのが人情です。



「ちょっとだけ」「すぐ返すから」と自分に言い訳をしながら、ついつい借金を繰り返してしまうかもしれません。



流されやすい性格の方や、つい楽な道に行きたいと考える方は、深刻な状況を脱したら即解約すべきです。



スポンサーリンク




レイクを解約するデメリットは?




在籍確認などの審査を乗り越えてようやく手にしたレイクのローンカード。



せっかく苦労して得たローンカードを手放してしまうなら、またお金借りる必要が生じた時には一から審査をやり直すことになってしまいます



いつかあるかもしれない緊急時に備えて、手元にカードを保有しておくのも悪くはない決断と言えるでしょう。



また、解約してからすぐにレイクを再度利用したいと思っても、利用していたという経歴が審査に響いてしまい、『この人は審査を通してもすぐに解約する人(=無駄なコストが発生する人)』とみなされ、審査に落ちてしまう可能性が高まります。



利用と解約を繰り返すことで信用状態を悪くしないためにも、「もう一度利用したいと思うかもしれない」と思う方は、解約しないでローンカードを保有しておく方がよいでしょう。



将来的に家や車などの大きな買い物をしたいと考えている場合や、意思が弱いと自覚している場合、もっと低金利のローンを利用できる場合には、きっぱりとレイクから手を切ることがオススメです。



レイクの解約は簡単!電話一本で手続き終了

レイクの解約は簡単!電話一本で手続き終了イメージ


レイクは、契約時の審査が早く即日融資できることが特徴の1つですが、実は、解約時の事務処理が素早いことも特徴です。



レイク公式サイトに記載されている「お客さま専用フリーダイヤル」に電話をすれば、キャッシングが完済している場合にはすぐに解約手続きを行うことができます。



全額返済を終えたと言う証明書も依頼をすれば発行してもらえますので、本当に解約できているかどうか不安な方は完済証明書を請求することがオススメです。



ただしローンカードはレイクから借りているものですので、勝手に処分するのではなく郵送によりレイクに返却する形になります。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒レイクの限度額増額の方法は?再審査の期間と通過のコツは?



⇒レイク返済の遅延督促の実態と予防策は?口コミ体験談から検証!


サブコンテンツ

このページの先頭へ