新生銀行カードローンの審査は厳しい?主婦やブラックでも通る?

新生銀行カードローンの審査は厳しい?主婦やブラックでも通る?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



レイクという名前は2008年までは消費者金融名として使用されていました。



その後、新生銀行のカードローン部門「新生銀行レイク」と金融業態を銀行に変えてから、「審査が厳しくなった」「以前ほどは簡単に融資をしてくれない」という口コミがネット上でもよく見られるようになっています。



そこで今日は、実際に新生銀行カードローンは審査が他の銀行カードローンと比較して厳しいのか、専業主婦やブラックでもお金借りることができるのかについて説明します!



なお、今すぐ数万円程度を借りたい場合、SMBCモビットなら話が早いです。



なぜなら、SMBCモビットなら、最短30分・来店不要(WEB完結)で即日融資もOKだからです。



●最短30分・来店不要で即日融資もokなのがSMBCモビット

SMBCモビット



 最短30分で即日融資も可

 WEB完結、来店不要

 電話連絡なし、郵便物も届かない、家族にバレない



審査に通るか不安なら・・・
 10秒で簡易審査結果表示







次の記事もあなたにおすすめです





新生銀行カードローンの審査の厳しさは他の銀行と同程度




現在、「レイク」という名称は、新生銀行カードローンのブランド名として使用されていますので、レイクは正真正銘の銀行カードローンです。



ですから、審査基準や審査の厳しさも他の銀行と特に変わりはありません!と言いたいのですが、2015年4月~6月期の新生銀行公開データを見てみますと、新規融資申し込みにおける新規貸付数(いわゆる審査通過率)は34.7%となっており、2割~3割と言われる銀行カードローンの審査通過率と比較すると若干通りやすい銀行であると言えます。



ですが、新生銀行レイクは融資申し込みを受けてからまず銀行内で審査を行い、次いで提携している保証会社(新生銀行カードローンの保証会社は新生フィナンシャル)で再度審査を行ってからお金を貸すかどうか、融資限度額はどの程度が妥当かを決定しますので、結果的に二重に審査を行うことになり、消費者金融よりは厳し目の審査となってしまうのは他の銀行カードローンと同じです。



スポンサーリンク




新生銀行カードローンは専業主婦も利用できる?

新生銀行カードローンは専業主婦も利用できる?イメージ


新生銀行カードローンの公式サイトでは、「安定した収入のある20歳以上70歳未満の方」にキャッシングなどの融資を行っていると記載されています。



「安定した収入がある」ということは、自分個人の収入がない専業主婦などは対象外になってしまうと思いがちですが、実際のところは他の銀行カードローンと同じく、安定した収入がある配偶者のいる専業主婦もカード発行ができるケースが多いです。



ですが、本人に収入があるわけではありませんので、利用限度額は30万円程度に低く抑えられることが多いようです。



ただ、新生銀行カードローンは、利用限度額が100万円未満の場合は金利が15.0%~18.0%と銀行カードローンとしては高めに設定されていますので、利用限度額が30万円程度(最高金利の18.0%が適用されることが多い)になりがちな専業主婦にとってはあまりお得なカードローンとは言えないでしょう。



パートやアルバイトなどで定期的な収入がある主婦は、利用限度額がもう少し多くなることもあります。



新生銀行カードローンはブラックでも借りられる?

新生銀行カードローンはブラックでも借りられる?イメージ


基本的に、債務状態がブラックの方は、銀行や大手消費者金融から即日キャッシングなどの融資を受けることはほぼ不可能です。



ですが、自己破産などの債務整理を行ってから10年以上経過している場合、数カ月にわたる返済延滞もしくは携帯電話料金の未払いなどから5年以上が経過している場合、短期間に複数の融資申し込みやクレジットカード申し込みを行ってから6カ月が経過している場合は、ブラックな歴史も消えていると予想されますので、銀行や大手の消費者金融のローン、カードローンを利用できます。



また、新生銀行カードローン「レイク」は、初めてカードローンを利用する人には比較的審査が通りやすいという評判もあります。



初めての方が利用できる30日無利息サービスなどもありますので、キャッシング初心者の方にはおすすめのカードローンと言えるでしょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ