即日融資は無職でも可能?なぜ専業主婦はキャッシングできるの?

即日融資は無職でも可能?なぜ専業主婦はキャッシングできるの?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



先日MIHOは、個人に対する信用でお金を貸すはずの「キャッシングサービス」が、なんと無職の方でも利用できることがあるという話を聞き、思わず耳を疑ってしまいました。



本当にフリーターやアルバイトの方でもキャッシングを利用できるのか、日雇いのように定職とは呼べない形の労働に従事している方でも即日融資が可能なのか、その実態に迫っていきたいと思います。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





通常のキャッシングは、「安定した収入」と「定職」が条件




大抵のキャッシングは、安定した収入があることや定職に就いていることが条件となっています。



また法的にも、50万以上の資金を貸し出すときには収入証明書が必要であることや、消費者が複数の業者から資金を借りている場合は、合計100万円以上を貸し出す際に金融会社が収入証明書をチェックすることが必要であると決められています。



反対に言うならば、別の金融会社から借りていない場合には、50万円未満なら収入証明書なしにお金借りることも可能なのです。



無職の人が即日融資して本当に返済できるの?

即日融資は無職でも可能?なぜ専業主婦はキャッシングできるの?無職の人が即日融資して本当に返済できるの?イメージ


いくら「返済できる!」と本人が言ったところで、金融会社側は本当に返済できるのか不安に感じるのは当然のことです。



定職に就いている人がローンを組む場合、在籍している会社に電話して本人が本当に社員として働いているのかチェックできますので、月々の返済も行われるだろうと安心して貸すことができるのです。



無職の方は、在籍確認の電話を行うことができません。



ですから、法的には50万円までの資金を貸すことができても、無職の人にはお金を貸せないと判断する金融会社が多いのです。



スポンサーリンク





在籍確認さえクリアすればキャッシングができる?




では、在籍確認の問題さえ解決すれば、審査を通ることができるのでしょうか。



答えはYESです。



バイトやパートを始めたり、派遣会社に登録するならば、金融会社はその職場に電話を掛けて在籍確認することができます。



もちろん、金融会社によっては派遣会社の登録は認めていなかったり等の、細かな条件の違いもありますが、バイトやパートでも、50万円までならキャッシングが可能なことも多いのです。



専業主婦なら、無職でもカードローンが可能

即日融資は無職でも可能?専業主婦なら、無職でもカードローンが可能イメージ


専業主婦の場合、職業形態から言うと無職となってしまいますが、安定した収入を持つ家族がいるならば銀行でカードローンを利用することや、最短、即日での融資や即日の振込を受けることも可能になります。




銀行でカードローンを利用する場合は、原則として配偶者の同意を得ることや、配偶者にキャッシングの事実を明かす必要もありません。



配偶者に内緒でキャッシングが利用できるので、専業主婦になった時はMIHOも考えてみようかなと思っています。



銀行ですので、母体が安心と言うのも主婦の心をくすぐりますよね。



専業主婦は消費者金融ではキャッシングが難しい?




銀行などでは意外と簡単にカードローンを利用できる専業主婦ですが、消費者金融では収入証明書が必要なので、配偶者の同意や配偶者の収入証明書提出が必要となり、意外とキャッシングのハードルが上がってしまいます。



プロミスなどの大手消費者金融では、いくら配偶者に収入があっても、専業主婦に対してはキャッシング不可となっています。



借りる人によって借りる場所を選ぶこと、情報収集に時間を掛けることが大事なのですね。



もちろん、どんな場合でも無審査の金融会社や、金利や利息が異常に高い業者には気をつけなくてはなりません。



専業主婦になってカードローンを実施する場合も、カードの取り扱いや契約内容に十分注意をしたいと心から願うMIHOでした。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒不動産担保ローンは即日融資OK?メリット・デメリットまとめ!



⇒即日融資でき審査が激甘の業者は?ブラック金融はなぜ要注意?


このページの先頭へ