三菱東京UFJ銀行カードローンのATM返済で注意すべき3点とは?

三菱東京UFJ銀行カードローンのATM返済で注意すべき3点とは?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』。みなさん、どのような返済方法を選んでいらっしゃいますか。



振り込み期日を忘れてしまうこともありますので、自動的に口座から返済額を引き落としてくれる『銀行引き落とし』を選択している方も多いのではないでしょうか。



しかも、銀行引き落としを指定しておくと、手数料無料で返済ができてしまうのも嬉しいポイントですよね。



ですが、銀行から毎月の返済額が引き落としされるのは、返済期日の19時までに指定した口座にお金が振り込まれているときのみです。



返済期日の19時以降に口座にお金が不足していることが分かった時などは、バンクイックカードを使ってATMから返済しなくてはなりません。



また、毎月の引き落としだけではなかなか借入金総額が減っていかないので、ATMを使った『随時返済』も組み合わせた方が良いでしょう。



その他にも、あまりよくないケースですが、返済を滞納し、三菱東京UFJ銀行から「○月○日までに当行が指定する口座に○○円を振り込んで下さい」と案内が来ることもあります。



このときもATMを使用して、事態を解決していかねばなりません。



このように、『銀行引き落とし』を選択していても、ATMを使わねばならない場面は多数起こり得ます。



今日は、三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』で、ATMを使って入金・振り込み返済するときに注意すべき点3つをご紹介いたします!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





三菱東京UFJ銀行カードローンでATM返済する際の注意点1:利用不可の時間がある




ATMによる返済は、いつでも行えるのではありません。



返済期日の19時を過ぎてから「口座に入金していない!」と気付いたときは、つい「なんとか夜中の0時までには振り込まなきゃ」と慌ててしまいますが、ATMによる振り込みが何時までOKなのかしっかりと把握しておくなら、そのような急場の時にも冷静に対応ができるでしょう。



銀行のATMでもコンビニのATMでもバンクイックの入金は、基本的に毎日23:50~翌0:10は受け付けていません。



その日の24:00までではなく23:50までに、ATM入金を終わらせるように注意しましょう。



また、返済期日が第二土曜日の場合は、21:00~翌7:00のATM入金も受け付けていません。



21時までにATMでの入金を終わらせましょう。



「返済期日が第二土曜日と重なると、ATMで入金できる時間が短いので不安!」と思われる場合は、第二週(8日~14日)を返済期日に指定しないことが勧められます!



三菱東京UFJ銀行カードローンでATM返済する際の注意点2:硬貨で返済できる時間が限定的

三菱東京UFJ銀行カードローンでATM返済する際の注意点2:硬貨で返済できる時間が限定的イメージ


月々の返済額はきりのよい額になりますが、最終月や全額返済をしたいときは、硬貨を使って端数までしっかりと入金しなくてはなりませんよね。



三菱東京UFJ銀行に併設されているATMは原則として硬貨を使用することができますが、平日の8:45~18:00のみの使用に限定されています。



また、硬貨使用不可のATMしかない支店・営業所もありますので、注意が必要です。



なお、コンビニのATMは原則として硬貨の使用はできません。



スポンサーリンク




三菱東京UFJ銀行カードローンでATM返済する際の注意点点3:振り込み額の上限がある

三菱東京UFJ銀行カードローンでATM返済する際の注意点点3:振り込み額の上限があるイメージ


返済を延滞し、三菱東京UFJから指定口座への振り込みを命じられた場合には、指定された金額を振り込まなくてはなりません。



ATMは窓口より手数料が低いので、振り込みを行う際にもオススメですが、現金で振り込む場合は1回に付き10万円までしか振り込むことができません。



返済額が10万円を超える場合には、一旦、自分名義の口座に入金してから指定口座に振り込むか、窓口・インターネットバンキングによる振り込みを選択しましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ