三菱東京UFJ銀行カードローンの利用限度額の増額方法と利点は?

三菱東京UFJ銀行カードローンの利用限度額の増額方法と利点は?イメージ


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、メガバンクの信頼感があるだけでなく、金利が4.6%~14.6%と低く人気がありますね。



特に、利用限度額を増減することができれば、より低い金利条件で融資してもらうことができるため、「できれば限度額を増やしてもっと余裕のあるキャッシングをしたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。



そこで今日は、バンクイックの利用限度額を増額させる方法として、増額審査に通るコツや増額のメリットについて説明いたします!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





三菱東京UFJ銀行カードローンの増額方法




利用残高の確認や返済日お知らせメールの登録などを行える「バンクイック会員ページ」はありますが、この会員ページでは利用額の増額申請を行うことはできません。



三菱東京UFJ銀行カードローンの増額方法については、同銀行の公式HPのQ&Aにて、カードローンの増額方法について案内がありますね。



三菱東京UFJ銀行・第2リテールアカウント支店情報



「第二リテールアカウント支店」(フリーダイヤル。平日9時~21時、土日祝日9時~17時、年末年始を除く毎日営業)に電話をかけ、増額申請を行いましょう。



審査結果はほとんどの場合その場で分かりますので、待たされずに回答を得ることが可能です。



さて、増額の申し込みの方法がわかったところで、『増額審査に通過するコツ』について、詳しく見ていきましょう。



増額審査に通るコツ1;定期的に利用する




こまめに利用してこまめに返済することが、増額審査に通りやすくなる秘訣です。



三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通るときには、年収やその他の属性(持ち家かどうか、結婚しているかなど)は重視されますが、審査に通ってから増額できるかどうかは、年収やその他の属性よりも利用履歴と返済履歴を積み重ねることが重視されるのです。



限度額の2分の1~3分の1程度を最大限の利用額と定め、地道に利用履歴と返済履歴を築き上げていきましょう。



増額審査に通るコツ2;最低でも前回の増額から6カ月を空ける

増額審査に通るコツ2;最低でも前回の増額から6カ月を空けるイメージ


こまめにカードローンを利用することも重要ですが、利用開始してから6カ月以内や前回の増額から6カ月以内に増額の申請を行うと、「お金に困っているのではないか?」と疑いを持たれてしまい、利用履歴や返済履歴に何の問題がなくても増額審査に落ちてしまいます。



少なくとも6カ月以上の間隔を空けて、申し込みを行うようにしましょう。



これについては、2ちゃんねるでも情報がありますね。



三菱東京UFJ銀行カードローンの利用限度額増額のコツ (画像引用;2ちゃんねる)



情報元は明らかになってはいないものの、銀行の立場で考えたとき納得性が高く、個人的には、信憑性の高い情報であると考えています。



スポンサーリンク




増額によって得られるメリット

増額によって得られるメリットイメージ


利用限度額が増額すると、どのようなメリットがあるでしょうか。



増額のメリット1;金利が下がる




カードローンの金利は、借り入れ額ではなく融資限度額によって決まります。



三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利表は、記事執筆当時の情報ですが以下の内容になっています。



三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利表 (画像引用;三菱東京UFJ銀行公式ページ)



上記の表をみれば一目瞭然ですが、同じ10万円のお金借りる場合でも、限度額が30万円(14.6%)のときと限度額が300万円(7.1%)のときでは、2倍以上も金利が異なります



実際に返済する総額を計算すると、限度額30万円の人が10万円を1年で返済するとすると総額108,077円支払うことになりますが、限度額300万円の人なら1年間で103,880円と、利息だけでも五千円弱差が出るのです。



増額のメリット2;急な出費に対応できる




世の中、何が起こるかわかりません。



子どもの入学金を即日納めなくてはいけないとか、乗用車の事故を起こしてしまい修理をしなくてはならないとか、理想の住宅が見つかって今すぐに手付金を払わないと押さえることができないとか、急な出費の理由はいくつでもあるのです。



何が起こるかわからない人生において、利用できるお金がいつでも手元にあると言うことは本当に心強いものです。



スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ