アコムでコンビニ返済できない!考えられる3つの理由!

アコムの返済がコンビニでできない理由


こんにちは、東大医学部卒のMIHOです。



アコムの返済をATMでしたい時、お近くにアコムのATM(手数料無料)がない場合、セブンイレブンやローソンなどの『アコム提携のコンビニATM(手数料有料)』で手続きを行うことになります。



その際、コンビニの提携ATMにアコムカードを差し込んだものの、なぜかエラーが出て返済ができなくて困るケースが多いですね。



なぜこんなことが起こるのか、考えられる理由を3つご説明いたします。




スポンサーリンク







アコムでコンビニ返済できない3つの理由まとめ!


理由1:営業時間外


時間を確認して返済しよう


アコムのサイトには、コンビニに設置されているアコム提携ATMで24時間返済できるかのような表現がありますが、実際には取引時間帯が決まっており、営業時間内であっても24時間365日いつでも返済できるわけではありません。



次の時間帯は提携ATMであってもコンビニで返済ができませんので、注意が必要です。




  • 月曜日の午前1時~午前5時

  • イオン銀行の提携ATMを利用する場合には、毎日23時45分~0時10分

  • セブン銀行の提携ATMを利用する場合には、毎日23時50分~0時10分




  • その他にも、各コンビニで提携ATMをメンテナンスしていて利用不可能なことがあります。



    営業時間外もしくは営業時間内でもATMのメンテナンス中にコンビニに行ってしまったときは、また次の機会に返済するか、インターネットバンキングなどの他の方法を利用して返済するかにしましょう。



    ショッピングのついでに返済




    コンビニは気軽に行って返済出来るため非常に便利ですが、



    アコムの借金返済のためだけに行くよりも、ショッピングのついでだと更に行く回数が少なくなって楽です。



    コンビニに行く時はアコム提携ATMが利用可能な時間をしっかりと把握しておきましょう。



    スポンサーリンク




    理由2:取引金額が大きい


    返済限度額を確認しよう


    コンビニに設置されているATMによっては、入金可能限度額が決まっていることがあり、この理由で一括で多めに返済しようとしても「ご希望のお取引は利用できません」と画面に表示されてしまうことがあります。



    コンビニのATMの機械にステッカーで入金可能限度額が表示されていますので、返済の前にしっかりと確認してから入金を行うようにしましょう。



    理由3:提携ATMではない




    コンビニ返済できない理由の中でも意外と多いのが、この理由です。



    アコムという全国規模のカードローン会社だから、どのコンビニATMでも利用できると思ってはいませんか?



    そんなわけはありません。



    アコムと提携しているのは、次の目印がある提携ATMのみです。



  • ローソンATM(赤い四角のマークでも、青いミルクボトルのロゴ入りマークでも可)

  • イーネット(ミニストップやファミリーマートに設置されていることが多い)

  • セブン銀行ATM(セブンイレブンに設置されていることが多い)

  • イオン銀行ATM(紫色のステッカーが貼ってあるもののみ)



  • 返済に利用可能なのはこれらのATMです。これらのステッカーが貼ってあるATMで、アコムの返済を行うようにしましょう。



    コンビニATMは多めの返済が基本




    コンビニの提携ATMでアコムの借金を返済すると、1万円以下の返済には100円(税抜き)、1万円より多い返済には200円(税抜き)の手数料がかかります。



    つまり2万円を返済するときには、20,200円(+手数料分の消費税)を入金しなくてはなりません。3万円以上返済する場合はそれ以上手数料は増えませんが、どうしても端数が出てしまいます。



    ですが、ほとんどのコンビニ提携ATMは硬貨には対応していませんので、最低でも返済しようとする額+1,000円を入金しなくてはならないのです。



    手数料のために余分に入金した1,000円未満の額が返金されるということはありませんが、元金の返済に充当されますので早く(ごくわずかですが)返済を終えることにつながります!



    スポンサーリンク

    次の記事もあなたにおすすめです!



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ