アコム返済シュミレーション!50万・100万円の返済計画表をスバリ!

アコム返済シミュレーション


当記事では、アコムの返済シミュレーションツールの結果画面のキャプチャーを沢山用いながら、アコムで50万・100万借りた時の返済計画用を、返済回数別に『ズバリ』ご紹介します。



アコムの公式ページに返済シミュレーションがあるのは知っているものの、特にキャッシングが初めての場合、金利を何%で入力したらいいか分からないなど、使うまでに、心理的な面も含め、少しハードルが高い場合があります。



また、シミュレーションページを探してアクセスし、想定される金利を考えて入力する、というのも若干面倒ですよね。



また、アコムのシミュレーションツールは、『返済回数』と『月々の返済額』で、用途に分けて使えますが、その使い分けについても詳しくご説明します。



アコム返済シュミレーション!50万・100万円の返済計画表をスバリ!


50万円


アコムで50万借りた場合の入力イメージ 画像引用 アコム公式サイト



借入金額50万円を入力し、次に金利を入力しますが、基本最大金利が適応されますので、50万円借入の場合の最大金利『18.0%』を入力します。



この状態で、返済回数を1回、2回、10回と変えながら、シミュレーション結果を眺めていきましょう。



1回払い

アコムで50万借りた場合の返済計画表(18%_1回) 画像引用 アコム公式サイト



1回返済の場合、利息がトータルで7500円かかるため、『50万かりて、50万7500円返す』ということになります。



2回払い

アコムで50万借りた場合の返済計画表(18%_2回) 画像引用 アコム公式サイト



2回に分けて返済する場合、利息はトータルで11277円となり、支払い回数を1回増やすことで、一括で返済するよりも3777円多く利息を支払う計算になります。



このあたりの肌感覚(え、3777円も・・・?!)は、シミュレーションしてみて初めて感じる部分であり、この感情の動きと、あなたの現実的な支払い能力によって、支払い回数を決めていくことになります。




10回払い

アコムで50万借りた場合の返済計画表(18%_10回) 画像引用 アコム公式サイト



分割回数を10回まで増やすと、利息のトータルは42167円となり、1回払いの利息(7500円)と比較すると、34667円多く支払う計算になります。



これらの金額差を、よくよく考えて(例えば、それと同じ金額を稼ぐにはどれくらいの労力が必要なのか、そもそも、本当にこれだけの金額が必要なのか、実はもっと早く返済できるんじゃないか、など)申込みをするのが賢明です。



100万円

アコムで100万借りた場合の入力イメージ 画像引用 アコム公式サイト



同様に、100万円を借りた場合の返済シミュレーションを見ていきましょう。



1回払い

アコムで100万借りた場合の返済計画表(15%_1回) 画像引用 アコム公式サイト



1回払いの場合、利息が12500円となります。



適応金利が、50万円借りた時よりも低くなるため、借入金額に対するかかる利息の割合は少なくなる計算です。



2回払い

アコムで100万借りた場合の返済計画表(15%_2回) 画像引用 アコム公式サイト



2回払いにすると、金利のトータルは18788円になります。



ここで感じるべきは、毎月の利息。返済金額部分が、『509394』となっていますね。この『9394』が、アコムに余計に支払う部分になりますが、毎月、9394円を余計に支払っている計算になります。




これが高いか、妥当と感じるか。どう感情が動くか、自分自身を見つめるポイントです。


10回払い

アコムで100万借りた場合の返済計画表(15%_10回) 画像引用 アコム公式サイト



10回に分割すると、利息のトータルは70000円強となりますね。



100万円に対して7万円なら、『ふーん』と思うかもしれませんが、毎回7000円多く支払っていると考えると、どう感情が動くか、ですね。




以上が、アコムのシミュレーションツールの具体的な利用イメージです。



ここまで読み進めて頂ければ、実際のシミュレーションツールにアクセスして、あなたの希望条件でツールを使いこなせると思いますので、ぜひご活用下さい!



【アコム公式】ご返済シミュレーションツール



アコム返済シュミレーションの『返済回数』と『月々の返済額』の使い分けについて!


ライフイベント収入の変化に合わせて


冒頭でご説明した取、アコムの返済シュミレーションでは、『返済回数』と『月々の返済額』でシュミレーションできる仕様になっています。



これら2つ、どのように使い分ければ良いのでしょうか?あなたが置かれている具体的な状況で詳しく見ていきましょう。



ライフイベントがある人は『返済回数』でシュミレーション




「○年○月に結婚が決まった」「○年ころに家を購入したいから、ローンなどはなるべくそれまでに整理しておきたい」などのように、将来におけるライフイベントが決まっている人は、返済回数でシュミレーションしてみることがオススメです。



具体的に「○年○月までに完済したい!」という目標が決まると、少々無理をしてもなんとか返済できるものです。



また、ライフイベントの予定が延びた場合や早まった場合は、その度ごとにアコム返済シュミレーションを使って、シュミレーションをやり直しましょう。



収入が変化した人は『返済金額』でシュミレーション




アコムで借入を行った時と比べると、収入状況が変わっている人もいるでしょう。



毎月入ってくるお金が増えたのなら、その分、返済に充てて早めに完済することができますよね。



そのような方は、返済額による返済シュミレーションを活用してみましょう。



月々千円変わるだけでも、返済回数も返済総額も大きく変わりますよ!

次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ