お金を借りるのにおすすめの方法BEST3!即日融資&低金利なのは?




お金を借りたいけどおすすめの方法を知りたい、ということは多いでしょう。



お金を借りる選択肢はたくさんあり、状況に応じてベストの選択肢をとることで、より有利な資金調達が可能です。



ここでは、お金を借りるのにおすすめの方法3つと、その他の借り入れ方法を紹介していきます。



お金を借りるのにおすすめの方法3選







お金を借りる上でおすすめの方法は、下の3つです。



  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング



このあたりはお金を借りたことがなくても知っている人が多い方法でしょう。



ここでは、これらの方法がなぜお金を借りるためにおすすめなのかを解説していきます。



消費者金融




特に急ぎでお金を借りたい時、消費者金融は一番おすすめの方法です。



急ぎのキャッシングで消費者金融がおすすめという理由は下のようになります。



  • 最短30分で審査が完了する
  • 融資までのすべての時間を合わせても最短60分
  • 土日・祝日でも即日融資可能
  • 夜間でも一番遅くて22時頃まで申し込み可能



このように、いつ申し込んでもスピーディーに審査をしてくれて、最短で即日融資にも対応してくれるということです。



また、多くの消費者金融はインターネット申込のみで審査ができるようになっています。



運転免許証やパスポートなどの身分証明書も、郵送やFAXなどで提出する必要がないということです。



パソコンでスキャンして送信したり、スマートフォンで撮影してアップロードしたりすればOKとなっています。



もちろん来店も不要で、有人店舗はもちろん、無人契約機・自動契約機などに行く必要もありません。



そして、審査通過後に何らかの書類やローンカードなどが自宅に郵送されてくることもないわけです。



銀行カードローンの場合は、審査完了後にローンカードが自宅に郵送物として送られて来るということが多くなっています。



たとえばイオン銀行カードローンの場合、審査が完了してから5日程度でローンカードが必ず送られてくるルールです。



この受け取りは運転免許証・パスポートなどを提出して必ず本人がしなければいけません。



そして、日時の指定や局留め、勤務先での受け取りなどもできないので、家族にバレやすいのです。



イオン銀行カードローンだけでなく、銀行のキャッシングでお金を借りる場合は往々にしてこのように「郵送物による家族バレ」が起きやすくなっています。



そのようなリスクがないという点も、消費者金融でお金を借りるのがおすすめという理由なのです。



カード発行は、たとえばアコムならむじんくんというローン契約機でできます。



プロミスなどの一部の消費者金融はローンカードすら発行しなくていい「カードレス方式」のサービスも選べるのです。



このように、急ぎで借り入れができるだけでなく、周囲にバレないように内緒のキャッシングがしやすいという点も、消費者金融がおすすめという理由になります。



銀行カードローン




銀行カードローンも、消費者金融と並んでお金を借りるのにおすすめの方法です。



銀行カードローンがおすすめの理由は主に下記のようになります。



  • 消費者金融より低金利である
  • 個人信用情報でも消費者金融より高い評価を受ける
  • 銀行の利用実績によっては審査に通りやすい



まず、消費者金融より低い金利で借りられるというのは、知っている人も多いでしょう。



具体的にどのくらい金利が違うのかを比較すると、下のようになります。



  • 銀行カードローン…実質年率14.5%
  • 消費者金融…実質年率18.0%



これはそれぞれの標準的な上限金利です。



なぜ上限金利で比較するのかというと、ほとんどの人のキャッシングでは適用金利が上限金利となるからです。



100万円未満の借入総額では、銀行カードローンでも消費者金融でも上限金利が用いられるようになっているのですね。



たとえば三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」だったら、「1.8%~14.6%」という実質年率になっています。



このうち用いられるのは「14.6%」の方で、1.8%の方は最高限度額の500万円近くまで借りないと適用されないということです。



これは三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の公式サイトでも「借入金額ごとの適用利率」として明記されています。



何はともあれ、キャッシングの金利の比較は「上限金利でする」というのが鉄則なのですが、その上限金利で、銀行カードローンは消費者金融より安いということです。



その分審査が厳しいというのがデメリットですが、もし審査に通るのであれば銀行カードローンの方がおすすめです。



ここで、銀行カードローンの方がどのくらい審査が厳しいのかという点が、気になるかと思います。



私が知る限り、消費者金融はアコム・アイフルなどが公式サイトで審査通過率を公表していますが、銀行カードローンは公表していません。



しかし、レイクALSAがまだ新生銀行カードローン レイクだったころの公式サイトの資料で、大体30%程度と審査通過率がわかるものがあります。



アイフル・アコムなどは40%~46%程度の審査通過率なので、それと比べるとかなり審査が厳しいです。



新生銀行カードローン レイクの実質年率は、上限金利で18.0%と、アイフル・アコムなどの消費者金融と同じレベルでした。



それで上記のような審査通過率だったわけです。



ということは、私が思うにもっと低金利な三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどは、かなり厳しくなるでしょう。



しかし、それでも日本人の一般的な年収があり、多重債務状態でなければ審査に通る可能性は十分にあります。



低金利でキャッシングをしたいという人には、銀行カードローンはおすすめできるでしょう。



2つ目のメリットの「個人信用情報での評価が高い」という点ですが、これは、あなたの信用情報をクレジット会社などが見た時のメリットです。



あなたが新たにクレジットカードの審査などに申し込んだとき、あなたの個人信用情報をクレジット業者が見ます。



そして「げ、消費者金融で借りている」と思われるより「あ、銀行カードローンで借りている」と思われる方がいいわけです。



クレジットカード会社としてもお金に困っている人より困っていない人の方が安心なので、この点で銀行カードローンの方が信頼されるということですね。



3つ目の「銀行の利用実績によっては審査に通りやすい」という点ですが、特に住宅ローンは大きいといえます。



その銀行で住宅ローンを利用していて、支払いの延滞・滞納などが一度もない場合、かなり有利です。



審査に通りやすいというだけでなく、そうした住宅ローン利用者に対する優遇金利のあるカードローンも提供されています。



その金利も非常に低いもので「5%」など、教育ローンに近いものもあるくらいです。



このように、金融機関との付き合いがあれば、消費者金融より銀行カードローンの方が審査に通りやすく、圧倒的に低金利ということもあります。



こうした利用実績がある人には、銀行カードローンは特におすすめのお金を借りる方法です。



審査なしで即日お金を借りるには?合法的な3つの方法!



クレジットカードのキャッシング




すでにクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合は、それでお金を借りるのが一番おすすめです。



すでにクレジット会社側の審査が完了しているということなので、新たに申し込みをしたり、契約の手続きをしたりする必要もありません。



ただ、お金を借りたいというときは、ほとんど「クレジットカードのキャッシング枠は付与されていない」ということが多いでしょう。



あるいは「すでに借入限度額いっぱいまで使ってしまっている」ということが多いかと思います。



しかし、その場合も今持っているクレジットカードの会社にキャッシング枠の付与を申請すれば利用可能枠をもらえることがあります。



もらえるかどうか、あるいはいくら付与されるかはその人のクレジットヒストリー次第です。



しかし、信用がある人だったら10万円程度のキャッシング枠をすぐにもらえることはあります。



そうなったら、新たに消費者金融や銀行キャッシングの審査に申し込むよりも楽でいいでしょう。



なお、クレジットカードを即日発行してそのまま当日中にキャッシングをするという方法もあります。



この場合、一番おすすめなのはアコムが発行するACマスターカードを作ることです。



アコムのカードローンと同様、ACマスターカードは最短30分で審査でき、最短60分で発行できるようになっています。



カード発行のためにむじんくんに行く必要がありますが、むじんくんは全国各地に多数あるので、それほど不便ではないでしょう。



正確には、ACマスターカードでキャッシングをする場合、アコムのカードローンを使うことになります。



カード自体は「ACマスターカード」という名前ですが、そこに「アコムのカードローン機能」が搭載されているのです。



ただ、クレジットカードのキャッシングとして使う方法もあります。



その場合はカードローンと違ってリボ払いが選べず、翌月一括返済のみとなるので注意してください。



その他にも、エポスカードなどは即日発行をしてそのままキャッシングができるようになっています。



キャッシングについて「30日間金利0円」というサービスを提供しているほど、現金の融資に力をいれているクレジットカードです。



このため、ACマスターカードでお金を借りるのには抵抗があるという場合、エポスカードに申し込むのもおすすめといえます。



エポスカードを即日発行するにはマルイの店舗に行く必要がありますが、近くに丸井があれば問題ないでしょう。



どの審査にも通らないなら「質屋」







ここまで紹介したどの方法でも審査に通る自信がないなら、質屋でお金を借りるのもおすすめです。



質屋や質草と呼ばれるアイテムを預かってもらうことで、お金を借りられます。



お金を借りるあなた個人ではなく、質草が信用されるので、鑑定さえ終われば借り入れができるのです。



銀行カードローンや消費者金融の審査に全て落ちてしまうような人でも、質屋だったらお金を借りることが可能になります。



もちろん、お金を貸してもらえるだけの価値のある品物を持っていることが必要です。



具体的に一覧にすると、下のようなアイテムですね。



  • カメラ
  • ノートパソコン
  • ブランド品
  • 楽器
  • 指輪



その他何でもいいですが、要は「換金性の高いもの」です。



たとえばノートパソコンなら、Macbook Proの25万円くらいのパソコンなら、大体12万円くらいを借りることができます。



これは借りているだけなので、12万円を返せばノートパソコンは戻ってきます。



もし売る場合は、25万円のパソコンが23万円くらいで売れる高い店舗もあるので、この方法もおすすめです。



ただ、いわゆるクレジットカードの現金化をしてはいけません。



あくまで普通のリサイクルショップを使うのと同じように「不要品があったら買い取ってもらう」という感覚で利用するようにしましょう。



その他、質屋とよく似た業種として金券ショップもあります。



手元に不要なギフト券・商品券などがある場合、金券ショップに買い取りしてもらうのもいいでしょう。



これもわざわざクレジットカードのショッピング枠を使って買って売りに行くなどの方法はNGです。



クレジット会社はこのような不自然な利用をシステムによって監視しているので、バレて強制解約となってしまう可能性もあります。



そのため、あくまで「もともと手元にあったギフトカード」などだけを売るようにしてください。



お金を「借りる」というよりは「資金調達」の方法になりますが、お金が必要な時にはおすすめの調達方法です。



その他でおすすめのお金を借りる方法







その他にもお金を借りるのにおすすめのやり方は多数あります。



まず、生活が困窮している場合は国の融資制度である「生活福祉資金」を利用するのがいいでしょう。



生活福祉資金は、利用用途に応じて常識的な金額を借りることができます。



金利は連帯保証人をつければ無金利となり、連帯保証人なしでも1.5%程度と低いものです。



その他にも母子家庭だったら母子福祉資金など、さまざまな選択肢があります。



また、大学生だったら特に私立大学などは、2万円程度を一時的に貸してくれる制度があるものです。



お金を借りる時にはこうした方法を利用するのもおすすめといえます。

次の記事もあなたにおすすめです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ